真面目に義務を果たすのは本当に大切?真面目に自分をいたわることの大切さ

上の子を妊娠している時、

なんだか、幼い頃のさまざまな記憶がよみがえってくるということを

体験してしまったのですよね。

実家に里帰りしていたことも関係あるのだと思うのですが。

そこから、自分の子供の頃からの抑えていた感情が吹き出して、

両親とバトルになり、冷戦状態に…

そんな数年間を過ごしました。

いまでこそ、穏やかな関係になりましたが、

なんせ30数年間抑えこんで抱えてきた気持ちだったので、

その感情が暴発しちゃってるときは、ほんとうにしんどかったです。

今回は、両親、義両親の生き方に触れながら、

そこから見えてきた本当に大切なこと

について語ってみます。

スポンサーリンク

両親はこんな人

両親は厳格で、支配的なところがあり、

母親は人の前ではほんとに大人しい人なのですが、

そこで無理している?感情を毎日私にぶつけてきました。

それが結構私には心の傷となっていて、

ほんとに出産するまで、30数年間、両親に反抗したことが

一度もなかったのです。

また、母は感情を爆発させて私にぶつけるくせに、

愛情、母性愛という感情を、わかりやすく私に示してくれたことは

私は記憶にありません。

甘えさせてくれる、といったことが全然なかったんです。

友達のお母さんをみるたび、

うちの母とは違う生き物だ、くらいに思っていました。

多分、母は自分が甘えられる人じゃなかったんだろうなぁと

思います。

義両親はこんな人

結婚して、夫の家庭を知ると

夫の両親も厳しく真面目な人たちなのはわかりますが、

自分の子供には、ほとんど怒るということはなく

言いたいことは、感情を入れずにあっさりいう、ということを

心がけてきたみたいです。

そして、義父・義母はそれぞれの役割を淡々とこなし、

でも子育ての合間にそれぞれ好きなことも続け、

家庭で一番偉いのはお父さん、次はお兄ちゃん、次は夫

というように、それぞれの立場をきっちりして

何をやるにも順番・平等・子どもとの約束はきちんと守る、

そんなことをやってきたようなんです。

だから、夫は自分が夫として父として、

仕事でどんなに疲れていても自分の役割はきちんと

こなそうとするし、

私のことも大切にしてくれます。

なかなかこんな家庭、ありませんよね?

ほんとにすごいなぁと思います。

義母も、夫が小さい頃に

あるところで子育てや生き方についての心持ち

みたいなものを教わって、

それが気に入って実践してきたようです。

だから私も、少しずついいなと思ったところを

真似しているところです…

嫌いだった両親は、本当に嫌な人なのか?

とはいえ、うちの両親が悪い親かというと

冷静になってみるとそこまで悪いわけでもないと

思うのです。

父は祖父を4歳の時に亡くしているし、

祖母は4人の子供を女手ひとつで苦労して育て上げ、

だから長男である父は、自分がしっかりしなくてはと思っていたんだと思います。

そして、お金に苦労していたから、その苦労を自分の子供にさせまいと

必死で働いていたんだろうなあとも思います。

もちろん節約はしてましたけど、いろんな習い事させてもらいましたし、

私も弟も大学出てるし、弟は院まで行ってますからね。

それはそれは大変だったろうなぁと思います。

思うに、うちの家族は、

真面目すぎて、自分の感情を縛りすぎて、

真面目にやるべきことをやろうとして

無理をするから余裕がない、感情が毎日爆発する、

そんなことになっていたのかなぁって思いました。

特に母は誰にでも何でも話せるタイプじゃないし、

叔母(母の妹)とは仲がいいですけど、

それでもなんでもかんでも話しているとは思えませんし。

ここまで書いて、

「うわぁ、上の子を育児してつらかった時の私だ…!」

と思ってしまいました。

余裕がない、人に頼れない、自分で自分を縛って

自分の役割を全うしようとする…

…親子って、ここまで似るんですね。

そのくらい、両親も頑張っていた、けど余裕がなかった。

そういうことなんだと思います。

まとめ

両親も、私も、頑張ってるけど、余裕がない。

それを、子供にぶつけてました…

最低です。

私も、自分はさんざん傷ついてきたから、

生きにくかったから、

子供には絶対に同じことしたくない、

そう思っていたのに、

余裕がなくなると、

両親と同じことになるのが

ものすごく嫌で、罪悪感もものすごく、

自分を責めてばかりいました。

本当にこの時の自分が嫌で、

とにかくがむしゃらに何とかしようと模索して、

そしたら、自分の好きなことを見つけました。

それが、フラワーエッセンスであり、占星術であり、

アロマであり…なんですけど、

そういう好きなことをしていたら、

どんどん自分に余裕が出てくることに

気が付きました。

多分やっぱり、無理はダメ、と思います。

自分の心を、義務で縛り付けたままなのもダメ、と思います。

そうして悲鳴をあげている、

自分の感情がコントロールできなくなるから。

自分の役割はこなしつつも、

時々自分を解放してあげる時間も

同じくらい真面目に持ってあげること。

そうしてガス抜きしていかないと、

自分も周りも苦しいです。

「よく学び、よく遊ぶ」とはよく言ったものです…

真面目に自分の役割をこなすことも大切ですが、

真面目に自分を楽しくさせることも同じくらい大切です。

そこの部分がかつての私にも、両親にも欠けていたのかな~…そんな風に思います。

改めて振り返ると、

泣けてきますね…

両親の苦労が見えてきて、

私も両親を傷つけてしまったりも

してますので…

両親も幸い持病はなく、

ふたりとも未だに働いています。

ですが、いつ何が起こるかわからない年齢なことも確かです。

やれるうちに親孝行はしていかないとなぁって思いました。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。