元化粧品販売員が教える季節の変化に負けない春スキンケアのポイント

春ですね~!!

関東は桜も散ってきています…

今年は桜の開花が早かったから、

入園式・入学式には一足早かったですかね~。

うちも幼稚園の入園式が来週なので

桜と記念写真はちょっと難しいかな~。

春になって、気温があがってくると、

肌や体調に変化が出ませんか?

そこで、過去に化粧品関係の仕事をしてましたので、

この時期の肌のお手入れについてまとめてみます~。

スポンサーリンク

まずW洗顔!!

まずはクレンジングと洗顔のダブル洗顔に力をいれることをおすすめします。

気温が上がって、皮脂も増えますし、

毛穴も開いて汚れがたまりやすいです。

テカりやすい人は、

なるべく洗浄力の強いクレンジングをおすすめします。

洗浄力強いといっても

オイルタイプやクリームタイプとかで大丈夫です。

ミルクタイプやウォータータイプ、拭き取りタイプなどは

ものによりますけど、洗浄力があまり強くない傾向にありますので

皮脂汚れを取りきれないことがあります。

角栓とか。

かなり個人差があるのですけどね。

これらのタイプのクレンジングをお使いの方は、

ちょっと物足りないなと感じたら、洗浄力強めのものに変えるといいと思います。

春は敏感肌になりやすかったりもしますよね。

通常のクレンジングでは刺激が強くてピリピリしてしまうこともあります。

そんなときは、

敏感肌用のスキンケアシリーズから出ている

オイルやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

こすらないように、優しく落としましょう。

指先でピンポイントにゴシゴシするのではなくて、

手のひら全体を使えば、力が入り過ぎないです。

汚れをきちんと落とさないと

ぶつぶつができやすかったり

気温が上がって代謝がよくなるので、

皮膚に古い細胞(角質)がたまりやすくなります。

それがくすみだったり

化粧ノリの悪さだったり

なんとなくざらつくといったことになります。

ですのでまずはダブル洗顔!!なのです。

酵素入りの洗顔料もおすすめ

また洗顔料も、酵素入りのものを使うと、

洗浄力アップしますので、

くすみ、化粧ノリの悪さ、ざらつきが

気になる方にはおすすめです。

たっぷりの泡をたてて、

泡でパックしてみてくださいね。

今満島ひかりさんが洗顔料のCMされてますよね。

たっぷりの泡のクッションに

思いっきり顔をつけてる感じ

あんな感じ、理想です。

でもバタバタ子どもとお風呂だと、

そんな余裕ないんですけどね~涙

プラス一品加えるなら拭き取り化粧水

この時期、

さらにしっかりお手入れしたい場合には

拭き取り化粧水を加えるのがおすすめです。

とにかく代謝がよくなるので肌のターンオーバーがよくなり、

古い角質がたまりやすくなるのですよ。

そして毛穴が開きやすく、皮脂分泌も増え、

汚れがたまりやすくなります

さらに、皮脂分泌が上がるということは、

テカりっぱなしにしておくと

ガムテープを顔に貼って歩いているようなもので、

汚れがとってもつきます

それが肌のトラブルにもつながりやすいので、

私も公園行ってあったかいと

全然テカりっぱなしなんですけど 涙

気がついたらテカリチェックしてみるといいです~。

そんな汚れやすい時期には、

角質を優しく取り除いて

毛穴の汚れをとってくれるような

拭き取り化粧水があるとなおいいです!

特に混合肌、敏感肌、くすみにも、保湿は大事

汚れを落とすことも大切ですが、

保湿も大切です。

特にテカリ&隠れ乾燥の混合肌さんは

乾燥によるテカリもあるからです。

肌は乾燥すると、今ある水分守らなきゃ、と

皮脂分泌を増やして、水分蒸発を防ごうとするんですね~汗

ですので、混合肌の方にはなにより保湿!!なのです。

敏感肌の方も、そもそも肌の表皮層(表面)が人より薄い方が多いので、

水分をためにくい肌質をされてる方も多いのですよ~。

ため込みにくいから、水分蒸発も早いのですよね。

だから、この時期とはいわずですけど、保湿大事です。

またくすみにも保湿とはなんぞや?ですけど、

くすみって、古い角質が重なったものの場合もあるのです。

ターンオーバーの乱れが原因です。

くすみのもうひとつの原因は血行不良です。

で、肌が乾燥していると、角質が剥がれにくくなるんです。

ですので、ターンオーバーの乱れからのくすみには、拭き取り化粧水&保湿がおすすめです。

ちなみに血行不良のくすみには、マッサージがいいですね。

メイクのテカリ対策にはフェイスパウダーを

朝きっちりメイクしても、

バタバタと子育てに家事に過ごしていると

なかなか化粧直しもできませんよね。

テカリ防止の下地もいいですが、

まずはフェイスパウダーがいいかなと思います。

特にパウダーファンデーションーションの前

つまり下地→フェイスパウダー→パウダーファンデーション

または下地→リキッドファンデーション→フェイスパウダー→パウダーファンデーション

の順です。

BBクリームならそのあとです。

フェイスパウダーは、パウダーファンデーションよりも粒子が細かいので

肌をつるっと整えてくれるので

パウダーファンデーションのつきもいいですし、

パウダーファンデーションより皮脂を吸ってくれるので、

その前にしっかりフェイスパウダーをはたいておくとより内側で皮脂を吸ってくれるのでテカリにくくなります。

もし粉っぽくなってしまったら

ミストで落ち着かせるといいです。

砂遊びで、水を使って山をより高く固めるように、「雨降って地固まる」の言葉があるように、

水分は、パウダーを固めて落ち着かせてくれます。

化粧水やマスクは冷蔵庫にいれるのもおすすめ

あったかくなってくると、

ひんやりしたフェイスマスクを

肌にのせるのも

とても気持ちがいいですよね。

この時期、紫外線も強くなってきますので、

ちょっと屋外で紫外線浴びてしまうと

肌が炎症しやすくなります。

肌の炎症は、シミを作ったり、

乾燥したり

いいことありませんので、

なるべく早く冷やしてあげるのがいいです。

冷蔵庫に入れた化粧水でコットンパックしたり、

フェイスマスクをしてあげてると

肌もひんやり落ち着いてきますよ。

美白で抗炎症作用のあるものならなおよしです。

汗かいて、毛穴が開いて、メイクが崩れた!そんなときのお助け直し法

春から夏にかけて、

気になるのは部分的なメイク崩れですよね?

もしかしたら、夏の朝、汗ばんでメイクしていたら

ファンデーションがよれてしまった…!

そんなこともありませんか?

そんなとき、急いでたらもう一度洗顔なんて悠長なことしてられません!

みなさんどうしていますか?

クレンジングシートがあれば便利ですけど、

なくても、代用できるものがあるんです…!

それは、乳液

そもそも、ファンデーションは油分でできています。

クレンジングも油分でできています。

油同士だからなじむのですね。

だから化粧水ではメイクは落ちません。

同じ油を使った乳液を少量手に取り、

くるくるとなじませて、ティッシュやコットンで拭き取ってみると…

あら不思議!

キレイに落ちるのです。

しかも乳液は、肌を保湿して柔らかくもしてくれます

スキンケアしながらメイクを落とせるのですね。

だから、再度ファンデーションつけるのに、ノリもよくなります。

※でも、夜クレンジングする代わりに乳液で顔全体を落とそうとはしないでくださいね!

部分的に緊急的に使う分にはちょうどいいのですけど、

クレンジングを使わないと、しっかり汚れは落ちません。

そんなわけで、困った時のメイク直しには乳液

ぜひお試しくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今すぐ試せそうなものはあったでしょうか?

というわけで春は

とにかく肌が汚れやすく、

まずはしっかり落とすのが

基本です。

それから保湿、

さらに余裕があるならプラス一品

なにかを加えるのがいいかと思います。

春はなにかと出会いも多くなりますので、

季節に合わせたスキンケア&メイクで

キレイママを目指してみてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする