家でできるストレス解消にはガーデニングもおすすめ!その癒し効果とは

ガーデニングには様々な効果があることを知ってますか?

園芸療法といって戦後、アメリカの帰還兵の癒しに一役買ったところから、

アメリカだけでなく北欧にも広まり、

日本でも行われているところがあるようです。

緑とふれあい、土いじりをすることで、さまざまな癒し効果が得られることがわかり、

今ではうつや認知症の治療なんかにも取り入れられているそうです。

ガーデニングは好きな人は好きでやっているでしょうけど、

私みたいに苦手意識をもつ人もいるのではないでしょうか?

そんなガーデニングに苦手意識を持ち、

これまでいろんな植物を枯らしてきた私が、

懲りずに観葉植物を育てるようになって、

葉っぱの元気な様子に、こちらも嬉しくなったり、

小さい葉っぱが出てくると、

「頑張って大きくなってね~」と

思ったり、

ペットを撫でるように、

赤ちゃんの葉っぱをヨシヨシしてみたり、

葉っぱを眺めては癒されています。

また部屋に花を飾ると、ぱっと部屋が明るくなりませんか?

花の生命力やみずみずしさって、

結構パワフル、と思います。

私が愛用しているフラワーエッセンスも、

そういう花の癒し効果を凝縮したものだと思うのです。

波動、なんて聞きなれない言葉を使っているのですが、

波動って結局こういうものなのだと思うのです。

そんなところから、

なんだろう?この植物の癒しは。

と思い、調べたところ、前述の

園芸療法というものを知りました。

ガーデニングは庭やベランダ、また室内でも

植物を育てることが出来ますから、

場所を気にする必要もありませんし、

今は100均でも観葉植物が売ってたりしますからね。

また鉢や土や、肥料、土いじりグッズも

みんな100均でも揃いますから、

気軽にはじめることができます。

いざ植物を育ててみると、水も毎日あげればいいってものでもないのですよね。

植物の種類にもよるし、

同じ植物でも季節や環境によっても

どの程度水をあげればいいかが変わってきますし、

そういうのは、植物を観察してないとわからない。

過干渉もよくないし、放置もよくない。

まるで子育てみたいだなって思いました。

でも植物は夜中起こしたりしませんし、

トイレまで追いかけてくることもない。

お世話は必要だけど、

ただただ癒してくれる存在なのです。

そこで今回は

ガーデニングの効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

ガーデニングの癒し効果とは?

太陽の光をいっぱいに浴びることができる

太陽の光を浴びることは、うつの治療にも取り入れられるほど、

心と体を癒やしてくれる効果があります。

太陽の光に含まれる光は、体内時計を整えてくれますし、

安眠効果のあるホルモンを出してくれますし、

交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれますから、

「常に気を張ってうまくリラックスできない」なんてときにもとってもいいのです。

土いじりの驚くべき効果

これはびっくりしたんですけど、

土の中のある微生物が、免疫反応を活性化し、

幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを出す効果があるそうなんです。

セロトニンは、気持ちを明るくいい方に物事を考えることができる効果があるので、

ず〜っと家で子どもと過ごして、密室育児に疲れた過去の私に教えてあげたいと

思っちゃいました。

また、頭を良くする効果もあるそうですよ。

免疫活性や頭を良くするなんて、子どもにもぴったりですね。

ついつい「菌とか大丈夫?」とか「洗濯が大変だし…」なんて

砂場遊びも消極的になっていましたけど、

小さいうちから菌に慣れて抵抗力を強くする意味でも、

子どもにも土いじりはおすすめなんだそうです。

五感を刺激する効果

ガーデニングは、五感を刺激する効果があります。

植物に触ってみたり、土をいじってみたり、

さまざまな触感を刺激することや、

緑を眺めることでの視覚からの効果は

脳内にアルファ波を出し、緊張を和らげ、血圧を下げたり、心拍を安定させたり、

体をリラックスさせてくれます。

また、草の香り、土の匂いには精神安定の効果もあります。

実際、アロマの中にも、ベチバーという土に似た香りを持つものが

ありますが、抜群の精神安定効果を持っているんですよ。

また外の空気を吸うだけでもリラックス出来ますよね。

先の免疫活性や幸せホルモンを出す土の中の微生物も、呼吸から体内に入って

効果が最大3週間も続いてくれるそうなんです。

こんなふうに、家にいると意識しないと使わない五感の部分を

刺激して満たしてくれる効果もあります。

 育てることの効果

「育てる」ということは、未来を期待することにもつながります。

また、枯らさずに育てられる、ハーブや野菜なら収穫する、といったことで

達成感も生まれます。

なかなか枯らさずに育てることって難しいことなのかもしれませんが、

生命力の強い植物を選んだり、きちんとその植物の知識をもつことで、

植物自身の生命力に助けられて成果は出やすいんです。

まずは育てやすいものからチャレンジしてみるのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

ガーデニングって、同じママさん世代だと、おしゃれで手間暇かけるのを惜しまない

女子力高い人がやるものかななんて思ったりもしてましたけど、

こんなにもいろいろな癒やし効果があることが、科学的に実証されているんだから

興味があるなら勇気を出してやったほうがいいなと思いました。

私も最初は枯らしましたけど、きちんと生命力の強い植物を選んで、

育て方もしっかり勉強しておいたら、

少し放置しちゃっても全然大丈夫でした。

思わず「かわいいね〜」とか声かけたくなっちゃうほど、

今では大切な存在になっています。

忙しい子育て中も、少し庭に出たり、ベランダに出ることも

気分転換になりますよね。

もし興味があるけど、育てられるか心配なママさんにも

ぜひぜひガーデニングおすすめしたいです。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。