独断と偏見で選ぶ子ども番組の理想のママランキング

子育て中のママさんは、

ママとしての自分をどう思っていますか?

私はダメダメだと自分を思っています。

だって感情的になっちゃうし、

冷静に子どものことみられないし、

すぐパニクって焦っちゃってのんびり構えられないし、

いろんな子ども番組がついていると、

「こんなママって素敵だよね~」

といつも自戒をこめて観ております…

そこでここでは、

私の独断と偏見ありまくりの、

子ども番組の理想のママランキングを発表してみたいと思います。

スポンサーリンク

第3位  キティちゃんのママ・デカコ母さん

第3位は同率でキティちゃんのママと

アンパンマンのちびぞうくんのママ、デカコ母さんです。

も~理想のママ!

こんなママが欲しい~!!と

私も思ってしまうくらい、

彼女らは母性愛に溢れ、

いつも愛情のこもった料理をつくり、

子どもたちをのびのびと育てています。

いつもドンと構えている感じで、

なにかあってもあまり慌てることはない。

デカコ母さんなんて、みんながバイキンマンに襲われたとき、

鼻からものすごい強風を出してやっつけちゃうんですよ!

バイキンマンは何人かを苦手と認定していますが、

デカコ母さんのことも苦手にしてますよね。

バイキンマンは、バイキンマンのことが大好きな人たち(プリンちゃんとエクレアさん、オクラちゃん、マダムナンなど)と大人の感覚を持った人たち(デカコ母さん、ミミせんせい、アロマちゃんなど)を苦手としているようですね。

関係ないですけど。

そんな大人で優しくて強いデカコ母さん…

自分はなれないよな~と思う気持ちもあって憧れます!!

キティちゃんのママも、

双子のミミィちゃんにくらべて少しやんちゃな

キティちゃんを、いつも優しく

たしなめているんですよね。

そこには変な感情の欠片も感じません。

しつけって、何度も何度も辛抱強く言い聞かせなきゃいけなくて、

本当に大変ですよね。

時に思うようになってくれなくてイライラしたりも。

キティちゃんのママはそこが素晴らしいなぁと思いました。

第2位  のび太くんのママ

第2位はのび太くんのママです。

子どもの頃、ドラえもんを観ていたときは、

のび太くんのママって怖いイメージでした。

のび太視点だったのでしょうね。

また最近観てみると、

「のび太くんのママってかわいい!」

と思いました。

確かに感情的になっちゃう人なんですよ。

宿題をしないとか、

お手伝いをしないとかで、

すぐのび太くんを怒るのですが、

わかるよ~!ってところばかりですし、

のび太くんが甘ったれなだけで、

なんなら怒っても全然こたえてないしなので、

むしろママとしては親近感ありまくりのキャラなのです。

怒るイメージはあるのですが、

ちゃんとのび太くんに愛情かけてるの

も伝わってきますし、

のび太くんもだいぶ甘ったれですが、

いざというときは芯は強くて優しい子に育ってますよね。(映画だけ?)

またのび太くんのママは、怒る時は怒りますけど、

普段は穏やかでのんびりした話し方ですし、ちょっと抜けてる?なところもかわいいなぁと思います。

そんなところもギャップがいい!って感じで

だからこそ素敵だなぁと思います。

そんなとっても等身大ののび太くんのママ、

私には親近感があって好きですね。

第1位  サボさん

そして第1位は、「みぃつけた!」のサボさんです!!

ママじゃない!という声が聞こえてきそうですが…笑

スイちゃんとコッシーの保護者役ということでひとつ…

サボさんファンは多いのではないでしょうか?

私も大好きなのですよ!

サボさんのかわいいエプロン着て料理しちゃうのも好きですし、

キティママ、デカコ母さん同様、

辛抱強くスイちゃんとコッシーに付き合ってあげてますし、

とにかく「いい人~」というのが画面いっぱいに伝わってきて、

本当に素敵なキャラですよね。

時々、オフロスキーにいじられてるのを見て、

オフロスキーめ!とか思っちゃってます 笑

オフロスキーもサボさんのいい人っぷりが好きなのでしょうか?

好きな子ほどいじめちゃうタイプ??

それだけではないんです!

サボさんのいいところは、

歌が好きで歌手活動もしてるようですが、

あんまりうまくいってない?なとこ。

うまくいってないところもそのまま、

うまくいかなくてもちょっとお客さんがたくさん入ってる風を装ってみたり、

でもすぐにバレるし、笑

でもそこをバレたらバレたでちゃんと認めて、謝って、

弱いとこ、ダメなとこ、完璧じゃないとこを

きちんとさらけ出してます。

そこが素敵すぎるっ!!と思うのです。

ダメなとこが子どもにバレたとき、

普段子どもにあれしなさい、これしなさいといっていると、

ついつい、カッコつけたり、完璧なフリしちゃいませんか?

でも、ダメなところもダメとして、

きちんと子どもにもさらけ出すことで、

ダメな自分でもいいんだなって、

子どもも思えると思うんです。

そんな風に、

いいところも悪いところも、

それがママの個性だと知ってもらうために、

カッコつけず、さらけ出しちゃいたい。

人ってそういうものなんだよ。

いいところも悪いところもあるんだよ。

悪いところもあっていいんだよ。

自分も悪いところがあるし、

家族も友達も、悪いところがあるんだよ。

自分も他の人も、悪いところがあってもいいんだよ。

そんなメッセージになるのではないかと思うのです。

そんなまさに「楽に生きるための大切な根本」を教えてくれるサボさんが大好きです。

そんなわけで、自分も子どもも周りの人もみんな、

いいところも悪いところもあって当たり前!

みんなそれでオッケー!

悪いことしたら、子どもにもきちんと謝る。

親だからとカッコつけない。

そんなママになりたい~!!

切にそう思っています。

まとめ

私の独断と偏見たっぷりのランキングとなりましたが、

いかがでしたか?

どのキャラもそれぞれ素敵で、

そのキャラなりの持ち味がありますよね。

あんなママになりたいと思っても、

結局自分は自分しかなれないのです。

素敵なママの素敵なところも真似しつつ、

自分の個性も認めてあげながら

等身大のママでいる…

これが大事なのかなと、

このママたちから学びました。

あなたの理想のママってどんな人ですか?

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする