3/17魚座新月の意味とは?

いよいよ、占星術でのお正月、

3/21の春分の日が近づいてきました。

この日、12サイン(牡羊座~魚座)の1サイクルを終了し、

新たなサイクルに入ります。

つまり太陽がふたたび牡羊座に入ります。

この魚座の新月は、牡羊座のほんの少し前で起こります。

スポンサーリンク

3/17魚座新月の意味は?

今回の魚座の新月は、

お正月前に、世間が年末年始の大型連休に入り、

家の大掃除なども進めながら、

「今年はこんな年だったな~」なんて振り返るような感じです。

新月でありながら、満月(収穫を味わう、振り返り、手放し)の意味合いの強いものになっています。

しかもすべての天体が地下に潜っていて、

誰かと相対する自分ではなく、

ひたすら自分と向き合うような感じです。

新月が起こる場所も、自分の土台・基盤となるような場所で起こります。

これまでの総決算的に振り返ること、

それから自分の心身や環境をきちんとお掃除して、

要らないものは大処分!

そして新たな年をワクワク待つ。

そんなまさに年末って感じで過ごされるといいのかなぁと思います。

また、この新月では、潜在意識とか、トラウマとか心の傷とか、そういったものが刺激され、

とても苦しくなるかもしれません。

ふっと浮かんできたものは、

あなたに認識され、

存在を認めてほしくて出てきているのかもしれません。

なるべくその存在にいい悪いを決めず、

あぁ、私の中にあったんだ~と気づくだけ。

そして新しいサイクルに入る前に、

手放しちゃうのがいいと思います。

今までの自分にあったものでも、

新しい自分には要らないなって思ったら。

また18日以降は、

「思うように行動できない」

「やる気があるのに進まない」

そんなジレンマを感じやすいかもしれません。

でも腐らず、着実に、やるべきことを続けていくことで、事態は大きく変わってくるかもしれません。

関東は日に日に春らしくなってきました。

草花や土の匂いが濃くなってきたのを感じます。

いつもより湿気を含んだ暖かい風が、

その匂いを運んでくれます。

この時期出回っている春野菜は、

苦味があって、デトックスにぴったりです。

そんな自然の恵みの力も拝借しながら、

心身ともに、新しい自分になるために、デトックスをするといいと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする