子育ての孤独や不安を解消する引きこもり風味でもOKな2つの方法

私は今3歳と1歳の子を家で育てています。

上の子は来月4歳になるので、もう丸4年、子育てと家事だけをして過ごしています。

夫がそれを望んだのと、

いざというとき頼れる人が近くにいないのと、

私もそこまで「仕事したい!」と思わなかったので、

今このように過ごしています。

でもでも、

子育てって孤独と不安との闘いです。

特に私の場合、

人見知りだし、自分に自信がないし、

コミュニケーション下手で、

他のママみたいに気の利いたこと言えないし…

さらに専業主婦でお金に余裕ないから

服や化粧品にお金かけられないし、

なるべくコンタクト代浮かせたいから基本めがねっこだし…

さらにめんどくさがりで、

子育てしてたら、ついつい自分の身支度に手を抜いてしまうこともしばしば…

ほら、引きこもり主婦のできあがり🖤

みたいな 笑

引きこもろうと思えば引きこもれるんですよね…未就園児子育て主婦って…。

だから、いくら子育てで孤独や不安を抱えていても、

周りに相談することもできなかったし、

子育ての孤独や不安は、「支援センターや公園でママ友を作れば解消します」って、いろんなところに書いてあるけど、

そもそもコミュニケーション下手なんですけど…!だし、

勇気だしてママ友できましたけど、

やっぱりお互い忙しい子育てママだから、

気を遣って思うように会えないし、嫌われたくないからあれもこれも好きに愚痴れませんけど…!

なんですよ。

また「保健センターで保健師さんに話を聞いてもらいましょう」なんてのもありますが、

なんというか、子育ての悩みを相談しても教科書通りの答えが帰ってくることが多くて…

「それはわかるんですけどぉ…なかなかそううまく行かないから相談してるわけで…」と思ってしまうのです。

あと、あんまり不安感が強いと、目をつけられちゃうんじゃないだろうか…とか思っちゃって、少し怖い。

いや、子育てママの不安を取り除くのが仕事なのだし、あちらは善意で相談してねと思っていらっしゃるのかもしれません。

いや、多分そうなんでしょう。

その手の相談なんてあるあるかもしれません。

でも、ほんのすこしでも、自分が他の人と外れることをしていたら…と考えるととても怖いのです。

むしろ、「どんどん相談して、よくないところは改善していきなさい!!」

というご意見はごもっともなのですが…

なかなかそうポジティブにもなれませんよね…

みんな自分の子育てを100%完璧にやろうとしてますか…?

そんなの無理ですよねって話で…

あと、よくあるのが、

「子どもを一時保育に預けるか、家族に預けてひとりの時間を持ちましょう」ってやつ。

真実だと思います。

それができれば少しはガス抜きできます。

ひとりめの産後がかなり不安定だったから、それを知ってたふたりめのときの産院の先生は、

「なるべく週一くらいで子どもを預けてね」

なんて言ってましたが…

実際は…

月に1度、子どもを預けるのもできてません…

数ヵ月に1回、3時間くらいとかかな…

それも授乳の間隔があいてきた、生後半年以降とかかな…

定期的に一時保育に預けるのもお金かかるし、

夫だって平日は夜遅くまで仕事して休みは家族のために動いてくれてるのに、

私ばかりひとりの時間を主張できません…

なかなか難しいですよね。

今はなんとかふんばれてるから、

まだいいのだけど、

ほんとにつらかった、ひとりめの時の自分に教えてあげたい!とこの記事を書いています。

引きこもり風味でも、子育ての孤独や不安を癒やすにはどうしたらいいのか、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

自分ととことん向き合って、自分をまるごと受け入れてみる

私が自分と向き合うのに役に立ったのは、

実は占いでした。

私の場合は、無料の占いサイトをいくつか使っていて、

その中でも西洋占星術の結果に

「こんなに詳しくわかるの…?そして当たってる!」

とピンときて、

自分で勉強始めてみたら、

自分が人生で数えるほどのレベルの試練のときだとわかったり、

自分の悪いところもいいところもわかるし、

親との関係がうまくいかないのも納得だったし…

そんな風に、

そのときの自分を「これじゃ~仕方ないや」って思えたんです。

それまで自分も自分を否定しまくりだったし、

親にも否定されていたし、

夫にもめんどくさがられていたので 笑

誰も私を肯定してくれる人がいなかったんです。

自分で自分を肯定できればよかったんですけど、

なかなかそれができなくて。

それを助けてくれたのが、西洋占星術です。

みごとに、いまの自分と一致しているのを目の当たりにして、

「あ〜もう、これが生まれる前に決めてきたことなら、

しょうがないじゃん」と思いました。

(西洋占星術では、生まれた時のホロスコープは、生まれる前に

「次はこんな人生にしたい」と魂が意図して生まれてきた、といわれています。

だから、ホロスコープにないことは人生には起こらない、ともいわれています。)

もう、自分のダメなところを受け入れるしかないと思いました。

そんなふうに、いい意味で開き直るきっかけになれたのだと思います。

占いって、依存しやすい一面もあるけど、

やっぱり精神的にキツイ時って、

「そういう時期だから、仕方ないですよ」って言ってもらえたら、

「こんなに悩んでた私がおかしいわけじゃなかったんだ」って

すごく安心するんですよね。

それが支えになって、立ち上がるきっかけになる。

だから、もたれかかりすぎ注意なのだけど、

そんなふうに占いを使ってみるのもいいじゃないかって思います。

自分で勉強するのはとても時間がかかりますから、

占い師さんにみてもらうのがいいのかなと思います。

もちろん、心理学の本を読んでみるのもいいと思います。

だけど、ものによっては、ココロが余計に痛くなる時がある 笑

そんなとき、占いの神秘的な世界は、とっても癒やしにつながったんですよね。

自分を正直に表現してみる

これ、ほんとにいいです。

子育てママの孤独って、

「話し相手がいない」に尽きると思うんですよ。

夫は帰りが遅いし、朝も早い。

だから、仕事で疲れて帰宅した夫つかまえて、あれこれ話すわけにもいかないですよね。

うちは上の子がようやく、会話のキャッチボールが上手になってきましたけど、

下の子は、ようやく「ママ〜、パパ〜」らしき言葉を発しているかも?な状態。

ママ友がいたって、会いたい時に会えるわけでもない。

そんなとき、ノートに自分の気持ちを殴り書きするのもいいですけど、

私の場合ヒートアップしすぎて、逆に疲れちゃう 笑

今、ブログを始めて1ヶ月ですけど、

ブログって、日記とかでなければ、一応相手を意識して書くじゃないですか。

自分の書きたくないことは書かなくてもいいし、

面と向かって、周りの人には言えないようなことも書けちゃうし、

でも批判が怖ければ、コメント欄閉じちゃうのもありだし、

匿名性があるのと、顔はわからなくても聞いてくれる相手がいる(と仮定して書ける)というのが、

なんかとってもスッキリするんです。

誰かに自分の気持ちを話している、というのが。

これが、自分には足りなかったんだって思いました。

おそらく、孤独を感じている子育てママもそうなんじゃないのかな?って思います。

自分のことを書こうとすれば、

「どういうふうに相手に話したら、伝わるかな?」ってものすごく考えるから、

ものすごく自分と向き合うことになる。

そのなかで、新たな自分を発見したりする。

もし、自分を表現したブログを通じて、

コメントをやり取りする人ができたら、もっと楽しい。

近所の◯◯さんでもなく、同じ幼稚園の◯◯ちゃんママでもない、

ママでも妻でもなく、自然体の自分でつきあえる関係。

やってみたら、ブログ、意外と楽しいし癒されることに気が付きました。

無料ブログ使えば、お金もかからずできますし、

おすすめです。

まとめ

引きこもりでも、子育てママの孤独と不安を癒やす方法は、

・自分ととことん向き合って、自分をまるごと受け入れてみる

・自分を表現する

が、私はとっても効果的でした。

私の場合はそれが占いでブログだったのですけど、

もちろんそれじゃなくても。

子育てママの孤独と不安を癒やすヒントになればうれしいです。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする