フラワーエッセンスとアロマテラピーの違いとは?どのように使い分けたらいいの?

私がフラワーエッセンスに出会って、

まず思ったことは、「アロマテラピーとどう違うの?」ということ。

私はもともとアロマテラピーも好きで、

かれこれ15年以上はゆるーく嗜んでおります。

そこでここでは、フラワーエッセンスとアロマテラピーとの違いと、

その使い分けについてご紹介したいと思います。

●フラワーエッセンスとアロマテラピーの違いとは?

フラワーエッセンスとアロマテラピーの大きな違いは、

その作られ方にあります。

フラワーエッセンスに関しては、

こちらの記事でご紹介してありますので、ご覧ください。

フラワーエッセンスって何でできているの?どうやって使うの?

つまり、フラワーエッセンスには、花の波動を水に転写した液体ですので、

花の成分そのものは入っていないんです。

それに対して、アロマオイルがどのように作られているかということなのですが、

アロマオイルは何の植物かによって作られ方が違いますので、

水蒸気蒸留法という一つの方法を例にあげますね。

水蒸気蒸留法という名の通り、植物をお釜に入れて、水蒸気を通します。

すると、水蒸気の熱で、植物の中の芳香成分が気体に変化します。

その気体を冷やすことによって液体にすると、その液体は2層に分かれています。

上層がアロマオイルで、下層が芳香蒸留水(フローラルウォーターとも言われます)なんです。

この上層の部分だけを取り出したのが、アロマオイルなんですね。

つまり、植物の成分の一部ということです。

ここがフラワーエッセンスとアロマオイルの大きな違いです。

アロマオイルは、植物の一部の成分そのものですので、

心だけでなく体への働きかけもしてくれます。

とてもパワフルなんです。

そのため、妊婦さんや授乳中のママさん、乳幼児、疾患をお持ちの方などに対して禁忌なものもあります

(乳幼児の場合は、体のつくりが未熟なのと、抵抗力も低いので、そもそもアロマテラピーをすること自体控えたほうがいいです)

ただ、市販の子ども用の虫よけパッチには、アロマオイルを使ったものもありますし、

うまく取り入れれば、役に立ってくれます。

また、フラワーエッセンスと違って、香りは即大脳に伝わり「香り」として認識

されます。

芳香成分が体内に入ったところから、何らかの効用を発揮してくれるんですね。

だから、すぐに気分を変えたい、なんて時にはアロマオイルがおすすめです。

虫よけの効果もですし、殺菌効果のあるものもあるので、洗濯や掃除にも使えますし、

女性ホルモンの調整作用のあるものもありますので、産後の気持ちの落ち込みなんかにもいいんですよ。

私も、妊娠・出産・授乳中と、

アロマオイルにはとてもお世話になりました。

うまく使えば、気持ちも体もバランスを崩しやすいこの時期に、

パワフルな癒しを与えてくれます。

妊娠・出産・授乳中のアロマテラピーに関しても、

あとでまとめてみますね。

以上がフラワーエッセンスとアロマテラピーの違いとなります。

●フラワーエッセンスとアロマテラピーの使い分けとは?

これまでの話の中で、

フラワーエッセンスとアロマテラピーの特徴がわかっていただけたかなと思います。

フラワーエッセンスは

花の波動を転写した液体

心に作用してくれる

妊娠中・授乳中でも使える

アロマテラピーは

植物の中から取り出された芳香成分

心にも体にも作用してくれる

妊娠中・授乳中・乳幼児・疾患をお持ちの方など禁忌に注意

そこで、どう使い分けるかということに関しては、

すぐに効かせたい!というときにはアロマテラピー、

じっくりゆっくり心を癒したいというときにはフラワーエッセンス(慢性的なものなど)

というのがいいのかなと思います。

私も子どもに対して「ムッキー!!」となったときなんかは、

アロマオイルをかぐと、少し、落ち着きます。

そしてフラワーエッセンスの緊急用エッセンスというものを飲みます。

それだけでも結構落ち着くことがあるんですよ^^(もちろん毎回じゃないですが…)

皆さんも普段から、自分のこんな性格が嫌だ…とか、

毎日心が晴れなくて辛い…

なんてことがあるかもしれません。

アロマテラピーは心への作用はリラックスとか気持ちを明るくしてくれるとか、

そういったものですので、

心が晴れなくて辛い…という部分には

一時的な効果を発揮してくれるかもしれません。

毎日続けることで、少しづつ気持ちが前に向かっていくかもしれません。

でも、前述の通り、アロマオイルは体への作用があるため、24時間炊き続けることはできません。

体に負担がかかってしまいますから。

もし、慢性的に心が晴れないという状況が続いているのであれば、フラワーエッセンスがおすすめです。

というか、むしろ併用しちゃってください^^

いいとこどりで相乗効果が期待できます。

また、自分のこういった性格を直したい、と思うのなら、

フラワーエッセンスがおすすめです。

ただし、フラワーエッセンスを使ったからと言って、

何もしなくても嫌な部分が直るわけではありません。

フラワーエッセンスは、バランスを崩した心を調整してくれるアイテム。

使っていると、自分が感情的に固執している嫌な部分から一歩離れて見ることができるようになるというか、

自分を俯瞰してみることができるようになる感覚があります。

そうして自分を一歩離れて見てみると、

「あれ?これってやっぱりおかしいよね?」とか

「なんで私こんなにこのことにこだわっていたんだろう?」とか

気づきが生まれてきます。

感情に振り回されてそこしか見えていなかったところを、

一旦冷静にリセットしてくれるような感覚です。

そういうふうに、ひとつづつ気づきを促してくれ、

少しづつ心のバランスを整えていってくれるのがフラワーエッセンスです。

このようなフラワーエッセンスの心への作用は、

しばしば「玉ねぎの皮むき」に例えられます。

心は生まれたままのピュアな魂の外側に、

これまでの経験・体験を通して身につけてしまった感情とか考え方などが

玉ねぎのように何層にも重なっています。

最初から玉ねぎの芯を目指したくてもそれは難しいです。

今自分の表面に現れている感情に向き合い、

ひとつづつ皮むきをしていくことで、

どんどんありのままの自分を取り戻していけるんですね。

●まとめ

フラワーエッセンスとアロマテラピーの違いは

フラワーエッセンスは花の波動を転写した液体であるということ

(花の成分そのものではない)

アロマテラピーは植物の芳香成分を取り出したもの(植物の成分の一部)

ということにあります。

また、使い分けとしては、

アロマテラピーは心の面だけで言えば、一時的なリラックス効果、気分を明るくしたいときなど

また、体への働きかけもあるので、体へ働き掛けたいときに。

フラワーエッセンスは慢性的な心の症状にじっくり働きかけていきたいときに。

ということになるのかな、と思います。

ただどちらもほんとうにいろんな作用があり、まだまだその魅力は

言い尽くせません。

また気づいたときに、追記するなど致しますね。

毎日頑張っている子育てママさんのお役に立ちますように。

今日も力を抜いて、子育て楽しみましょうね^^

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする