占いを信じない男~うちの夫が栞の占いを信じるようになった話

こんばんは!栞です。

気がつくのが遅いのですがw

「栞の星読み部屋」も

気づいたら2年が過ぎていましたよ~^^

このブログは、

「育児がしんどい」という

栞の悩みから始まっているので

ママさん向けの記事も多いのですが、

お客さんの中には男性もママさんじゃない方もいらっしゃいます。

男性だって悩んだら

「その原因はなんだろう?」とか

「このしんどいのはいつまで続くんだろう?」とか

知りたくなりますよね。

そして、その答えを知りたくて占いを利用することだってあると思います。

ですので、「栞の星読み部屋」は男性もママさんじゃなくても、全然welcomeでーす♪

結局、環境が似てる(ママであるとか主婦であるとか)

ということよりも、

文章を読んでみて、

「あぁこの人の言葉は自分にすーっと入ってくるな」っていうほうが

占い師選びには重要なことだと思いますので…。

そんなわけで(?)、今日は

栞の身近な男性の話。

占いなんて全く興味がないのだけれど

自分の結果には興味津々な

夫について話してみます。

スポンサーリンク

栞の夫、プロフィール

栞の夫

アラフォーの会社員です。

体育会系な高校時代と

遊びまくりの大学時代(交流目的なサークルの会長をやってた)

を過ごし、

地味だった栞の青春時代とは裏腹に 笑

大いに青春時代を謳歌してきた夫。

コミュ障な栞と違って、

コミュニケーションも得意だし、

なんというか、

栞みたいな「苦悩」とか「葛藤」とかはあまりないタイプ。

すぐネガティブな方向にいく栞と違って、

基本が前向きな強い心を持っているので

(↑義母の育児によるところも大きいと思うのでうらやましい…もちろんそれだけでもないだろうけど)

「やればできる」っていう気持ちが強い人なんですよね。

自分を信じているというか。

そんな人なので占いなんて無縁の人生を送ってきています。

栞が占いを本格的に始めたのは

子供が生まれてからでしたが

妻がなんか妖しいことしていてもw

それを否定することもなく、

だけど特別興味を持つこともなく

だから栞も占いの話は全然夫にはしませんでした。

しかし、熱中するとのめりこむタイプな栞ですので、

だんだんと栞が独自の世界 があるのが寂しくなってきたようで

栞の好きな世界を知りたい的な理由で

占いについて聞いてくるようになったんです。

栞もまんざらでもなく 笑

興味ない人には小難しい占星術を

理論のところから

ちょこちょこ話すようになったんです。

そして、ちょろっと話した

「この時期にこんなことがあるかも~」という話を

しっかり覚えていて

本当にその時期にそんなことが起こりそうなことがわかると

「ねぇねぇ前に○月にこんなことがあると言ってたよね~?」

と言うのが続いたんです。

栞はお仕事じゃなければ大変だしw

夫のホロスコープは必要がなければみてません。

自分のホロスコープだって、毎日・毎週なんてとてもじゃないけどみてらんないし。

自分や家族のは適宜、聞かれたときや気になったときにしかみていません。

そんな感じなので、

結構前に夫のホロスコープをその場でみてちらっといったこと

(↑いつも「仕事でこんなことがあって、今後どうなるかな~?」みたいに聞かれるのでその場でぱぱっと答えてます)

…なんて

覚えているはずがなく 笑

「えぇ~っと、なんでそんなこと言ったんだっけ~?」っと

夫のホロスコープを見直すはめになるのですがw

一時、「当たってるような当たってないような…」な時期があったんですが、

結局栞が何気なくいっていた時期が

ピタッと当たってくるので(数ヶ月後とかに)

今は結構本気で信じているみたいですwww

夫の悩み

そんな夫は、

今、大きな悩みがありまして。

コロナとは別ですが

会社の大きな組織改変が進んでまして

そこにおもいっきり巻き込まれそうなんですね(T^T)

いろいろと、

これまでの環境と変わってくるので

今後にとても不安なようです。

まぁそうですよね…。

それに妻である栞だって、

一家の大黒柱な夫の仕事に関しては

やっぱり気になります。

もう昨年から少しずつ情報が流れてきていて、

栞も夫から、都度話を聞いていて。

そのどこかで

栞が「○月頃に仕事で変化がありそうだね」

といったのが、

どうやら当たりそうだと。

そして、仕事の近況について話してくれました。

夫の占い結果

夫の運勢をみると、

これはもう前から知っていたものですが、

一生に1度レベルの

仕事上の大きな環境の変化が

今年あるんですよね。

そしてそれはもう、定年するまでは大きく変わらない…と思う。

夫も、栞がその話をする前から

薄々わかっていたようで

栞も注意深く伝えるようにしていたけど

やっぱり話ながらも

苦悩のようなものは夫から感じました。

コロナ禍もそうですけど、

もう過去のようには戻らない…

というのは、

過去によっぽど不満を抱いていない限り

ものすごく辛いものですよね。

夫も今、

そのことでとても苦しんでいます。

栞も、夫の仕事のことはそれほどわかってあげられないけど、

ホロスコープをみているからこそ、

この仕事上の変化が

夫の人生にとっては

大きすぎるし

だからこそそのギャップにこれから

苦しんでいくだろうことはわかります。

もう努力とかそういうのとは

関係ないレベルのもの。

受け入れるしかない、という変化。

辛いよね。

頑張って今まで築き上げてきたもの、

なくなってしまうように感じて悲しいよね。

なにもできない自分の無力さに絶望するよね。

そんなことを思いながら、夫の話を聞いていました。

(晩酌時の夫婦の会話、なんですけどね~)

そして夜中、夫の仕事についてタロットを引いてみました。

心情としては理不尽だし

会社のような大きな組織には

逆らえない、というような

気持ちが汲み取れます。

周囲の状況でこれ。

本当に、会社としても

まだ決断していないのだと思う。

どっちに転ぶか

全く未知の状態。

すでに失いつつあるものに対して

切ない気持ちを抱いてる。

ものすごいショックな出来事になるだろうことはわかる。

でも可能性の位置にこのカードだったので、

どちらかというと真っ暗闇の中から

一筋の光を見出だせる可能性がある

ということなのだと思います。

未来と最終結果。

理性と臨機応変な対応力で

なんとかやっていけると思う。

このカードたちをみてみても、

夫はよく頑張ってるし

夫には全く非がないことだけど

会社員である限り

どうしようもないことなのだと

改めて感じました。

栞が自分を引いたら、

もっと頑張れな結果によくなる…w

全然嫌なカードは出ていなくて、

改めて切なく、

そして複雑な気持ちを抱えながらも

なんとかその気持ちを

飲み込んで消化していこうとする

夫の姿がみえてきました。

栞にはこんなことしかできないけれど、

あ、でも感情の嵐をなだめてくれるフラワーエッセンスを駆使したり

目下研究中の癒しの技術を夫で実験したり

サポート体制も整っていますよ♪

夫よ、頑張れー!!

応援しているよ。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする