ヨハンシュトラウスの栽培実感と栞の紫の庭に新苗2本増えました♪

こんばんは!栞です。

またもや、ガーデニング記事…。

自分でも、植物を枯らす女だと

思っていたのですがね~(^^;

ガーデニング始めてみたら結構楽しいです♪

バラのお世話なんて…とも思ってましたが、

超絶ズボラ女・栞が、

毎朝起きたらバラの様子を見に行き

こまめにお世話してますよー!驚

月牡牛座なもので、

意外とハマったんでしょうかね~♪

ではでは。

スポンサーリンク

ヨハンシュトラウスの栽培実感

記念すべき?栞のバラ栽培第一号の

「ヨハンシュトラウス」ですが

4月下旬にお迎えしてGW頃に10個程咲いた後、

6月中旬頃に3個咲かせてました~。

そしてまた、蕾をつけ始めてます。

ヨハンシュトラウスは四季咲き(繰り返し咲くバラ)なので、

本に書いてある通り、

大体40日前後で咲いてくれるんですかね~。

6月はちょうど梅雨時期ということもあって

花は雨で早く傷んでましたね。

花持ちは2~3日ってところでしょうか。

雨がなければ4~5日いけてましたよ~。

今、黒星病が出てきていて、

雨の合間に薬剤散布してますが

まぁ元気ですかね~。

あと、他のバラもそうなんでしょうか…?

自分のトゲで葉が傷ついています 汗

結構トゲが多い…?

そして立派なトゲをお持ちでらっしゃいます…(^^;

ゴムのガーデニング用手袋を使ってても貫通します

革とかもっと丈夫な手袋じゃないとダメなのかも…。

4月下旬にお迎えしてから、

しばし放置していた、鉢増しをようやくしました~。

というのも、地植えにするか鉢にするか、迷っていたので…。

最終的には地植えにするつもりなのですが、

まだ強風の日はドキドキしてしまうので…。

台風に、耐えられるの…?などと

過剰な心配をしてしまってます。

なので、とりあえず今年の休眠期(冬)までは鉢でいこうと思います。

4月下旬の購入時に、畑から

6号鉢に移されたと思われる

大苗ヨハンシュトラウスですが、

7月初めの今は

もう根が回り始めていて

「今鉢増しやっといてよかったー!」と思いました。

むしろ遅すぎなタイミングですよね(^^;

ここまでは「バラの家」さんで購入してましたが、

鉢だけ買うのに送料かけるのも…と

ホームセンターで探しました。

バラの家さんで売ってるような、

スクエア型の鉢があればよかったのですが、それはなく。

「ロゼア ポット 300」という鉢を

購入しました。

サイズ感はちょうどよさげです^^

スクエア型の6号鉢から

丸型の300サイズの鉢に植え替えるのに、

土は4~5L必要そうです。

植え替える前は、土に苔が生えてたり

雑草も生えてたりしていたので 汗

土がリフレッシュしてよかったです♪

次の花を見るのが楽しみです^^

紫の庭…になってます

「ブルーガーデン」を目指して

ガーデニングを始めたはずなのに

「パープルガーデン」になってます 汗

夫に「紫が好きな人みたい」と言われました。

紫好きって、なんか変わってる人みたいー!(偏見)

でも、占い師ってなんか紫ってイメージー!!(偏見)

そして、寒色系の花はバラに合うのよー!!

と変人栞らしい庭ということで

よしとしました。

6月の庭は

ペンステモンヘブンリーブルー

2番花が咲いています。

1番花と比べて色が濃いです。

咲き始めはピンクが強かったですが

だんだんとブルー?パープル?の色も強くなってきました。

まだまだ茎?がたくさん出てきているので、

これからも楽しめそう。

それから

強風で購入時のタグが吹っ飛び、

「君は誰だい?」状態だった子が

ようやく判明しました。

スカビオサ

だったようです。

超絶写真下手…笑

ながーい茎からポンポンのお花が咲いているのが可愛いです。

アンゲロニアの薄紫、と

ロベリアホットの白。

こちらも2番花。

5月中旬に買って、しばらく満開の花を見せてくれていました。

咲き終わったらすぐ花がら摘みしようとしましたが

花の数が多すぎて挫折 笑

適当に花がら摘みしてますが、

わりと早く2番花咲かせてくれたのでよかったです♪

新苗2本、お迎えしちゃいました…

さらに新苗2本買っちゃいました…(^^;

「ラローズドゥモリナール」

「ジャルダンドゥフランス」

です。

デルバールのバラが欲しくて!!

デルバールと言えば、香りで有名なナエマがありますが、

実際の香りが、イマイチ好みではなくて。

ラローズドゥモリナールは、フランスの香水メーカーの名前を冠したバラで

その香りはデルバール社の社長さんもお気に入りだとか…。

花の色も、カップ咲きの形も好みだったのと

初心者🔰栞でも育てやすそうな丈夫さに惹かれて決めました。

ただしシュラブなので

結構大きくなるらしいのですね…。

シュート(茎部分)が長くて花は見上げるような位置で咲くとか 汗

まぁこれはナエマとか

デルバールのバラの特徴なのかもしれませんが。

これに関しては、

やはり強剪定でいこうと思っています。

今のところ大きく育てるつもりはないので。

とはいえ、お迎えしたモリナールは

セール品「ジャルダンドゥフランス」に比べて成長が遅め。

まぁジャルダンが旺盛すぎるのかもですが。

それでもやっと蕾をちらほらつけ始めたので、

株を大きくするために、

全部摘んでいます。

秋が楽しみです♪

そして「ジャルダンドゥフランス」

これ、予算が余ったので

980円セール品のなかから選んだ品種なのですが、

まぁ成長がすごい!!!

ベイサルシュートガンガン出てますし、

蕾ももう15個くらいは摘んでます。

隣にある大苗ヨハンシュトラウスと比べても、

だんだん遠目からはわからないくらい、

本当に素晴らしい成長をしてくれています。

こういうのが、植物を育てていて

元気をもらえますね~。

ド・ピンク色の花が咲くらしいのですが、

こちらも花を見るのが楽しみです。

おわりに

というわけで、

興味がない人には全くわからない

ガーデニングトークでございました。

芝の庭は部分的に多少枯れてても

あまり気にしない

ズボラ主婦・栞ですが、

お花に関しては別なのだと、

そんな自分にびっくりしています。

またゆるゆると

続きを書こうかなと思います~。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする