*栞の庭*vol.2 バラが仲間入りしました♪

こんにちは!栞です。

子どもたちは今日から、来週から、

お弁当や給食が始まり、

また少し、園で過ごす時間が増えています。

心配し出したらキリがないですが、

お昼を食べてきてくれるのはありがたいですね。

それではコロナ自粛もあって

熱くなっている、

ガーデニングについて!!

スポンサーリンク

バラを、買ってしまいました…。

冬の、大苗がたくさん出回る時期まで

バラについて調べながら

じっくり品種選びするつもりでしたが、

もうどうにも我慢できなくなって、

バラの苗を買ってしまいましたよ~!!汗

少しずつ蕾が開き始めています。

品種は、『ヨハンシュトラウス』です。

5月の下旬という、すでにバラの1番花が終わっているであろうこの時期だったので、

蕾がついているかについてはあまり期待してませんでした。

とりあえず専門店でということで、

バラ業界では有名な バラの家 さんに

注文してみましたが、

なんと蕾が10個ついた状態でやって来ました!!

(四季咲きのバラは40日くらいで次の花を咲かせるらしいので、GW頃に1番花が咲いていたのかな?)

栞が買ったのは大苗という、

2年経ってそれなりに育っている苗ですので、

蕾はそのまま咲かせてみました~。

今ちょうどやってきてから1週間ほどですが、

花が開いてきましたよ~!

ほんと、初心者なもので、

「この蕾はいつ開くのだろう…?

1週間後…?2週間後…?」みたいな

ところから悩んでるレベルでして

まだ鉢植えのまま、様子見ています。

そうそう、水切れも経験しました…。

蕾が開こうとしている今は、

バラにとっては水って特に大切らしいのですが、

水をあげるのに

『土の表面が乾いたらたっぷりあげる』

と言われてますが

その土の表面が乾くというのが、

いまいちわかっておらず。

その日の朝土の状態をみたけれど、

「う~ん、乾燥しているというほどではない?」と水やりをしないでいたら、

夕方帰宅したとき

茎がぐにゃっと柔らかくなっていて、

1つ蕾が曲がってしまってました…涙

それはもう多分開かないだろうとのことで(Google先生によると)

他に栄養がいくように

プチっと取らせていただきました。

あと、黒星病っぽい症状が

下の方の葉に少し見られます。

最初はその葉を全部取り除いていましたが、

どうも黄色く変色するレベルでなければそのままで様子見でもいいようで

今はそのままにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【406】コストパフォーマンス抜群!バラ栽培セット♪ ZIK-10000
価格:2017円(税込、送料別) (2020/6/4時点)

楽天で購入

苗と一緒に買った、こちらの薬剤を

スプレーしました。

それから虫対策にまいたのはこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お一人様2個まで 殺虫剤 住友化学園芸 オルトランDX粒剤 1kg
価格:1008円(税込、送料別) (2020/6/4時点)

楽天で購入

株の表面に大さじ1杯程度、

まいてみました。

まいたら全然ですけど、袋を開けたらちょっと臭いがありますね。

ゆっくり効いてくれるタイプの虫対策の薬剤です。

株下の虫はさすがにわからないですから…

栞の家の近所には、

ちょっとした緑地がありまして、

家の駐車場で5センチ以上はある

巨大なハチが死んでるのを発見したりとか、

道路を優雅にデカイ毛虫が歩いていたりとか、

バラにも影響のあるコガネムシっぽい幼虫が庭の芝生に転がっていたりとか、

結構自然豊かなところなんですよ。

これまで住んできたところと、

全然変わらないかなと思っていましたが、

虫が多い、そしてデカイというのは、

本当に感じるところであります。

それなので、ひとまずは、

薬剤をしっかり使いながら

育ててみているところです。

ただ、バラについて調べていて感じたのは、

無農薬栽培をすることの本当の意味。

栞みたいにお世話をなるべくしたくないってことではなくて、

農薬を使うことで、

自然の生態に影響を与えてしまうかもしれないこと。

バラ自身も

本来の生命力を発揮しきれないこと。

栞も魔女について

学んでいる途中ですので

『自然』について

すごく考える機会が多いですけど

(魔女って自然を信仰するので)

本来なら、

バラを自然界の他の生き物たち(害虫)と共存させてあげる育て方を

目指すべきなのだろうな、と思いました。

そんなこともおいおい考えながら

まずは楽しいバラ栽培と

庭づくり、やっていこうと思います!

それではまた~!

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする