自閉症・発達障害の子どもとフラワーエッセンス「ブッシュフーシャ」を飲んだ効果

こんばんは!栞です。

久々のフラワーエッセンスネタです。

スポンサーリンク

大好き!オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス

今回取り上げるのは

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス

ブッシュフューシャ

というエッセンス。

このオーストラリアンブッシュフラワーエッセンスは、

もう大好きなブランドのひとつです。

とにかく効果がわかりやすい!!

それは、ひとつは世界最古のお花が多いことや汚染されていない地域のため、

非常にお花のエネルギーがパワフルだということもありますし

お花のエッセンスに関しては

肉体に近いレベルの感情に働きかけてくれるので

効果がわかりやすいんですね。

創始者のイアン・ホワイトさんが書いた

ブッシュフラワーエッセンスに関する本には

肉体的な症状に効果があると明記されているほど!

栞もものすごく小心者で神経質なところがあって、

第3チャクラが弱いのです。

ストレスで

すぐにシクシク、モヤモヤして

非常に苦しくなります。

そんなときに摂った、

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンスの

リレーションシップ

というエッセンスで

そのシクシク、モヤモヤが一瞬で治ったんです!!

それだけではたまたまかも…と思われるかもしれません。

しかし、フラワーエッセンスの効果が切れてきたのがわかるんです!!

だって、朝のんで夕方頃、

シクシク、モヤモヤが復活するから 笑

そしてまた、飲んだら治る 笑

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンスは、

基本1日2回の飲用でいいので、

朝晩だけで取り入れやすいです。

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス ブッシュフューシャの効果

と、そんなオーストラリアンブッシュフラワーエッセンスですが、

子どもが発達が遅く、自閉症スペクトラムとわかってから

一緒に飲みたいと思っていたものがありました。

それが、ブッシュフューシャです。

まずはこのエッセンスの情報から。

このエッセンスは問題解決能力を助け、人を直感力へとアクセスさせてくれます。

これによって自分の直感力を信じられるようになります。

論理性や合理性(男性性)と、直感力や創造力(女性性)のバランスを、

すなわち、男性性と女性性を統合してくれるのです。

また人前で話すときに度胸と明白さを与え、

自分の信念を声に出していうことを勇気づけてくれます。

効果はこのようなものなのですが、

あるサイトで、

自閉症や学習障害に、と書いてあったんですよ~!

さすがに、日本だと薬事法とかいろいろあるなかで

こんな風にハッキリ書いてあるということは、

創始者のイアンさんの本に明記されているんじゃないのかなと思います。

(↑未確認です。すみません。

でもオーストラリアでは自然療法が日本よりもっと普及してるので、

以前読んだ時にイアンさんの本にエッセンスで効果のある疾患名がハッキリ書いてあることにビックリしました。)

でも、そのサイトさんでもお買い物させてもらってますし、

フラワーエッセンスへの愛も感じられる詳しく楽しいサイトなので

これは試さなきゃ~と思ったのですよ。

ちなみにフラワーエッセンスは、

漢方のようなものと思って、

即効性を期待するべきではありません。

(ブッシュフラワーエッセンスは確かに即効性あるときも多いのですが)

特に、子どもの発達障害なんて、

効果を過大に期待して飲ませるべきではありません。

療育だって、プロの方たちが毎日接してくれたって

子どもの成長には個人差がありますよね。

それに、すぐにわかりやすい変化がみられるわけでもないです。

フラワーエッセンスも、

栄養素のひとつだとでも思って、

長期的に飲んでもらうことをわかった上で使った方がいいと思います。

(ある意味、親のエゴで、子どもに飲ませるわけですし)

という、堅苦しい話はこのくらいにして、

子どもに1ヶ月、1日2回

トリートメントボトルにして

(↑作り方はここをクリックしてね)

一緒に飲んだ効果を話します。

療育の先生にビックリされました

ちなみに、ブッシュフューシャのエッセンスを飲み始めたのが、

たまたまコロナの影響で

市からの自粛要請を受け、

通園自粛を始めた初日だったんです。

自粛中の生活としては、

規則正しい生活くらいはできても、

なかなか療育のようにはできません。

いろんなおうちでできる遊びのアドバイスを、

自粛中に1度だけしてもらいましたが、

なんせ本人が興味ないと、

なかなか思うようにいきません…。

(先生にも

10回のうち1回でもできたら良かったし、

1年後にはそれが3~4回できているようになったらうれしいというくらいに考えておいてください

と言われました…。)

それに、基本ズボラで

通常の生活はまだしも、

学習面まで毎日時間を決めて同じように繰り返すことが

非常に難しい栞でして、

なかなか充実した自粛生活とは

言えませんでした。

公園にも思うように行けず、

庭で砂遊びやシャボン玉とかが

多かったですし。

そんな生活をして、

GW明けて通園したところ、

初日の先生のコメントに

「自粛前はしていなかったのに、手遊びを歌に合わせて上手にやってくれててビックリしました。

自粛中の生活が充実していたのですね。」

と!!

この先生は、

もう子どものことを半年側で見てくれている先生で、子どものことよくわかってくれてる先生ですし、

もちろん手遊びで手を動かすことは、家ではやりません。

たったの1ヶ月で、

しかも飲まない日も結構あったのに、

先生にビックリされるような成長が見られるとは!!と

こちらもビックリです。

声が大きくなり、歌を歌うことが増えました

他に気がついたこととしては、

やたらと声が大きくて

歌を歌うことが増えました。

歌は4種類ほどバリエーションがあり、

毎日いろんなタイミングで

楽しそうに歌っています。

これは

「人前で話すときに度胸と明白さを与え、

自分の信念を声に出していうことを勇気づけてくれます。」

という、エッセンスの効果

そのままなのかなって思っています。

家でも言葉を発することが増えた

それから、

療育の場では結構いろいろ

言葉を話すらしい子どもですが、

家ではほとんどありませんでした。

先生に「こうしたら、こんなこと言ってくれました~」と聞いたら、

その日のうちに何度か同じようにしてみるのですが

うまくいったことがなく、

先生からも

「なにか(子ども)ちゃんの中で切り替えスイッチがあるんでしょうね~」と

言われていました。

でもですよ、

ここ1週間で2回、

「明らかに意味がわかって発しているよね?」と

思われる体験をしました。

これも、なかなかないことだったので、ビックリ。

栞の感じた効果

また子どもだけではなくて、

大人の栞自身が感じられた効果も

ありましたよー。

  • 仕事において、いつもより頭の回転が速いと感じられた
  • 思考がいつもよりスッキリ、シンプルになって苦手な片付けがはかどった

と、なかなかハッキリと効果を感じられましたよ~♪

まとめ

というわけで、

自閉症スペクトラムの3歳の子どもに

オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス

ブッシュフューシャ

というエッセンスを1ヶ月間飲ませてみて感じられたことを

書いてみました。

引き続き、親子で飲んでいこうと思います。

また効果を感じることがあれば

追記しますね。

【5/18追記】

療育の先生をびっくりさせた手遊び(「いとまき」なんですが)

なんと家でもやってくれました~!

2回も!

未だに、家では単語を使うこともあまりなく(イヤーばっかり 笑)

私も「子どもが興味が向いたタイミングを見極めてすかさず仕掛ける」ということが、療育の先生より出来てないからだと思います。

それなのに!

療育のクラスでも珍しい手遊びを家でやってくれるなんて!!

これはエッセンスのおかげか、

子どもも自分を表現したい気持ちが高まってるのと同時に、

私も一緒に飲んでいるので、「今だ~!」と仕掛けるべきタイミングがわかる直感力が高まっているのかもと思いました。

フラワーエッセンスは、子どもに飲ませるとき、親も同じエッセンスをとるといいと言われていますが、こういうことなのかなと思います。

親子で同じテーマに取り組むことで、お互いに相乗効果がありますね。

↓おすすめです!!


この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする