子どもの自閉症スペクトラム診断後まずしたことは

下の子(3歳)が「自閉症スペクトラム」と診断されました。

→前のお話はこちら

子どもが「自閉症スペクトラム」と診断されて、まだ1ヶ月も経っていません。

なんせ、周りの人も

「○○ちゃんは症状は軽いと思うし、

診断おりるかわからないよ~」

↑デイサービス使って働こうかなと相談したときに言われた。

診断や療育手帳の取得が必須で、むしろデイサービス使うの難しいんじゃない?というニュアンスのお話だったのもあって、素直に「そうなのか~」と思っていた。

…なんてこともあって。

まだ頭がついていってませんよ~っと。

ただ、発達外来ではやっぱり様子は違いましたけどね。

先生も、発達検査をしてくださった臨床心理士さんも。

でも、それも、薄々感じつつも

見ないフリしていましたね。

そこからの、「診断」

その事実を盛大に感じると(?)、

私は精神衛生上ヤバいと感じているので、

(それでなくても、毎日の自閉症育児が大変で)

うすーくうすーく、

その事実を感じるようにしています。

(我ながら器用だな)

だから、仕事に勉強に忙しいって、

自閉症の本を読むのもちょっとゆっくりになっています。

でも、診断後すぐに、自閉症スペクトラムの本をまずは数冊、揃えましたよ。

なんせ、発達外来の先生に

「発達障害の育児はホームケアが大事で、親次第で変わってくるよ~」なことを

やんわり言われたからです。

今は、

まだちゃんとは事実を受け入れられていないです。

でも、私次第なのだ…!とちゃんとわかってます。

その辺の折り合いを、

少しずつつけていっているところです。

つづく。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする