12/26 山羊座新月(日蝕)~交流を大切に、物事がスムーズに進みやすい新月

12/26 14:13に

山羊座で日蝕になります。

そのホロスコープから、

どのような雰囲気になるか

読んでみます。

スポンサーリンク

12/26 山羊座新月(日蝕)~交流を大切に、物事がスムーズに進みやすい新月

日蝕について

今回の新月は、

日蝕を伴うものになります。

日本でも、

太陽の一部が欠けた部分日蝕として

観測できるみたいですね!

蝕が最大になるのは全国的に15:30前後のようですよ!

栞も観られたら観てみようと思います。

それでですね、

日蝕というのはなんなのかというところなのですが、

理論的なところは結構複雑なので省きます 笑

普段の新月・満月も、エネルギーが強くなり、印象的な出来事が起こることもありますが、

日蝕(新月のときに起こります)

月蝕(満月のときに起こります)

は、よりレアなタイミングになるので

さらにいいものはもっとよく、

悪いものはもっと悪く、

より物事がはっきりと具現されやすくなります。

よりレアな新月・満月、

だから、なにか出来事が起こるときも、

より印象的になりやすいです、という

感じでしょうか。

日蝕のホロスコープ読み

今回の日蝕新月は、

それだけでもレアなタイミングなのですが、

占い雑誌とかで「幸運の星」と言われる木星もそばにいるという

なかなかないものになります。

ちなみに、木星が「幸運の星」と言われることについては以下に書いていますので、

よかったら見てみてくださいね。

【関連記事】

2018年の蠍座は本当に幸運?運勢をよくするために大切なこと

2018年は蠍座yearでしたので、蠍座さんのことになってますが、2020年はこれが山羊座yearになります。

それでですね、

今回の山羊座新月(日蝕)について、

以前毎日の星占いでこんなことを書きました…。

今年は12/26が山羊座の新月ですが、

山羊座に5天体でしかも日蝕(←エネルギーパワーアップ!)ですね~。

この新月は、壁にぶつかるようなことが普段よりは少ないんじゃないかなと思います。

新月に日蝕、さらには木星までそばにいるので、

もう、夢叶えるならここで仕掛けてしまえ!!

と、言いたくなるくらい、

いや~お膳立てされた日です…。

ここは、少し訂正させてください…。

確かに、お膳立てされて物事がスムーズに行きやすい側面もあるのですが、

ちょっと無謀なことを仕掛けてしまいやすい要素があります…

んで、真新しいこと、

刺激的なこと、に惹かれやすい要素も

あるんですよね…

刺激を求めて、または大いなる野心を発揮して、

ちょっと無理をしてしまう可能性も、

ありそうなんです…。

しかも影響力の強い日蝕な上に、

拡大の天体木星がそばにいますから、

気軽に無謀なことを仕掛けて、

盛大に失敗してしまう…という可能性も、0ではないのです。

ですので、

夢を叶えるべく仕掛けるのに

おすすめの時期であることはあるのですが、

  • これまで努力をきちんとしてきたという自負があり、
  • これまでの自分の立ち位置よりちょっと無理するくらいならいいと思いますが、無謀なことを勢いで仕掛けるのは注意

と、追記させていただきたいと思います。

さて、今回の日蝕は

これまでお話したような、

普段とは違う、

特別なタイミングであることはお伝えできたのかなと思うのですが、

自分ではない誰か、または

自分の居場所ではないどこか、

といった

自分の影響力の及びにくい範囲で

物事が起こってくる可能性も

考えられます。

自分ではない人、をきっかけに

物事が動いていく可能性もありそうです。

ですので、交流を大切にしてみるといいのではないでしょうか。

通常新月は、1ヶ月弱が影響を及ぼす期間と言われますが、

蝕を伴った場合は長ければ半年(次の日蝕or月蝕まで)影響を及ぼすとも言われます。

今回の日蝕では、

自分の個性を主張するというよりは、

自分ではない誰かや社会の中と

相対することで物事が動いていくようにも

感じられますので

そことどう向き合うかということがとても重要だと思います。

というわけで、ここから半年は

ほんの少し、

自我を弱めて、

相手の声に耳を傾けることも、

ラッキーアクションとなるかなと思いますよ。

まとめ

というわけで、

12/26山羊座新月(日蝕)は

  • 物事がスムーズに進みやすい
  • でも無謀なこと、身の丈に合わないことに挑戦するのは要注意
  • 交流を大切にすることで、物事が動いていくかも

というところがポイントかなと思います。

それでは、よい新月(日蝕)を!

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする