親子占星術~発達に遅れのある子供との相性

こんにちは!栞です。

今日は親子占星術ということで

栞と家族の相性を読むシリーズの

2回目です!

1回目はコチラ

栞と母の相性について書いています。

ほんとは過去にも読んでるんですけどね~。

詳しくまとめ直したものを書いています。

そして今回は、

現在3歳、発達の遅れで

療育を受けている

下の子との相性です。

それではどうぞ~!

スポンサーリンク

現在3歳。下の子の発達の遅れについて

下の子の発達の遅れを指摘されたのは1歳半検診です。

喃語も出てなかったし、

指差しもしなかったし、

積み木を積むこともできなかった。

そこから、保健センターに定期的に相談をしつつ、

様子を見てました。

療育にいくことになったのは

2歳半過ぎてから。

実は、上の子供も

1歳半のときは

同じような状態だったんです。

でも2歳過ぎてからどんどん変わっていって、

幼稚園入園も全然問題なかったです。

だから、半ば期待をこめて

上の子と同じようになるんじゃないかな~って思いこんでしまったところがありました。

でも下の子はあまり変わらず…。

先生に聞くと

早い人は1歳半から発達外来を受診しているとか。

「あまり早すぎても、簡易検査すら受けられる時期ではないよ」と

保健センターの人に聞いていたので

うちは受診は3歳になる頃にしましたが(うちの地域は3歳頃に言葉が出なければ発達外来へ、と保健センターや市役所の福祉課では言われています)

受診はともかく、

療育は、2歳頃から来ている子もいたから、

それはもっと早くてもよかったなぁとは思っています。

現在も療育に通っていますが、

やっぱりいい刺激になっているようです。

先生にも恵まれて、

少しづつ変わってきていますよ。

下の子の出生ホロスコープ

下の子は、

実はまぁなかなか危なっかしいホロスコープの持ち主です。

発達もですが、

大きくなった時のことを考えると、

ものすごく心配。

一時落ち込んだり、

怖くなったりもしたのですが、

今から何年も先の、

しかも悪いことばかり想像してどうする…と、

今は過度に心配することは辞めました。

平日は毎日、親無しで療育に通うようになって、

先生たちに可愛がられてるのも見ているし、

病院の先生にも

「比較的人に好かれやすそうだから大丈夫ですよ~」

と言われたこともあって、

確かに甘え上手で

わかりやすく子供らしい性格だからか

可愛がられやすい得なタイプではあるかなと思っています。

だからそんな部分を信じつつ、

でも危なっかしさ回避のために

どんなことをしたらいいのか

アンテナはしっかり張って、

様子を見ている感じです。

下の子と栞の相性

実は下の子は、

危なっかしいホロスコープの持ち主ではあるものの、

発達面の遅れがホロスコープに出ているのかというと

「どうかな??そこまで??」

というところがありました。

確かに、特徴的ではあるのですが…。

でも、私との相性をみると…。

下の子の太陽と知性の水星に

土星(物事を遅らせることがある)と冥王星(遺伝や物事が極端になったりなど)

を重ねちゃってました…。

これ知ったとき、

「私のせい…?

妊娠中の過ごし方がダメだった?

私も天然、不思議ちゃんとよく言われるけど私の遺伝…?

生まれてから、上の子もいて手をかけられなかったところはあるけど

そのせい…?」

等々、しばらくはいろいろ考えては

落ち込んだり、

罪悪感で苦しくなったりしましたけど、

それもまた、

今考えても仕方がないことで、

今からやれることをしっかりやるしかないんだよなって

思ったんです。

それでもやっぱり、

どこか常にそのことが心の中で

重りになっていて、

時々思い出しては

ずっしりと

その重みを感じていました。

私の母としての自分や、素の感情を表す月に、

子供の土星が縛りの配置をとっていて、

思うように動けない状況や

落ち込みを表しているようで…。

ただ一方で、

下の子と私は

満月の相性でもあります。

下の子の月の対向に、

私の太陽があります。

下の子の月は、下の子のホロスコープでは1ハウス。

感情がそのままわかりやすく出ちゃうタイプです。笑

この月は、下の子の個性に、

大いに関係すると思います。

そして私の太陽があるのは子供のホロスコープでは7ハウス。

これは、社会に出たときの周囲の人間関係を表すこともあります。

成長して、

その頃の子供が

どの程度の発達状態なのかはわかりません。

上の子や他の子達と変わらないかもしれないし、

少し発達の遅れを感じられる状態かもしれない。

でも、下の子の人間関係の中に、

私もいる可能性が高そうかな…

それに、下の子の月星座が蟹座なんですよね。

月星座や太陽星座が蟹座の人は、本当に家族思いで家族を大切にします。

友達と遊ぶ約束より、家族の用事を優先する人も多いんじゃないかな。

そのこともあって、

少し安心もしたのでした。

そして今、私は

パートをしつつ

占いの仕事もしていますが、

下の子のホロスコープを見ながら

思っていることがあります。

もし、将来働くことに困ったとしても、

「この仕事なら教えてあげられる」って

ものを持っていたい。

だから、

自分でブログ作って、

ネットからお客さんに来ていただいて、

自分の知識を活かしてお役にたって

お金がいただける、

その道をもっともっと極めていきたいと思うのです。

やっぱり個人でお仕事してみると

パートで雇われているだけじゃわからない、

精神的も技術的も

水面下の努力を継続させる大変さが、

少しわかります。

すごい人は、

「いつ寝てますか?」レベル。

それを短期間じゃなくって、

ずっとやっていくんですよ。

なかなかそこまでは行けてないのが現状ですが、

それでもこれからも

諦めないで続けて、

もっともっとスキルを上げていきたいな~と思っているのです。

私の太陽は、仕事の場所にあります。

太陽は、人生そのものといっても過言ではないから

私の人生に仕事は大いに関わってくると思う。

その太陽が、

下の子の月を照らしている。

私の太陽がある下の子の7ハウスは

共同経営者を表すこともある。

まぁ無理強いはしませんが、笑

「そんな日がきたらそれも楽しいかもな♪」

なんて、妄想をしている今日この頃。

そして、

月は、それ自身は発光しないですよね。

太陽の光を反射している。

だから

月は太陽の輝き次第で

大いに影響を受けるとも言えます。

だからこそ、

私は大きく間違えることはできないし、(小さなのは許して)

しっかり仕事する背中を

見せなければならないんだー!!と

真剣に思っています。

まとめ

というわけで、

下の子のホロスコープ自体もなかなかなのですが、

私との相性に関しても、

深く複雑な印象を受けています。

ただ、下の子の人生に、

私が与える影響はかなり強い。

それは

相性を見ていてとても感じました。

だからこそ、

今後も頑張っていかなければと、

背筋が伸びる栞なのです。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする