感情的に怒る母親を恨む気持ちは良くない事ですか?子供の自分を受け入れるために

こんばんは!栞です。

今日はちょっと重い話ですが

思いきって書いてみます。

「感情的に怒る母親を恨む気持ちのは良くない事ですか?」

傷ついた子供の立場から、

現在思うことを書いてみました。

スポンサーリンク

「感情的に怒る母親を恨む気持ちは良くない事ですか?」

まず最初に、

栞は恨んでました 笑

今は、そんな自分を受け入れてるし、

親に対する感情も変わってきてるから

ちょっとごめんなさいの気持ちもありますが…。

だって、

子供の頃、毎日感情のままに怒鳴られてきたんですよ?

甘えるどころか、スキンシップだって、物心ついてから覚えがないですよ?

おかげで自己否定感の強い、「この世に存在していてごめんなさい」と物心ついた頃から思うような子供になってしまって、

いじめられてたときだってもちろん相談なんか出来なかったし、

この自分を責めるクセ、に、大人になっても散々悩まされてきましたよ?

一番困ったのが、子育て。

私は臨月と産後間もない時期を、親に嫌味ったらしく避けられながら、

だから私も安定しない母乳育児と頻回授乳の中で、こそこそしながら必死に哺乳瓶洗ってましたよ?

「絶縁だ!子育て失敗だった!!」って怒鳴られたことがしばらく心の傷になって疼き、孤独な子育ての間もしょっちゅう苦しんでましたよ?

→詳しくはこちらをご覧ください。

私が必死になって、育児書やスマホで調べまくって子育てしているのに、平日は子供にはノータッチの夫がなんで私より子供のことをわかっているの?

夫は「親にしてもらったことしてるだけだよ」という…。ただでさえ子育てうまくいかなくて追い詰められていた私は、「親に愛のある子育てをしてもらってこなかったから、子育て下手なんだ…」と、どうしようもない絶望を感じましたよ?

まぁ、後半、自業自得なとこもあるかもしれませんが 汗

わりと自分勝手な言い分をお許しください。

でも、当時はそう感じていましたね。

心にぽっかりと空いてるような気がする、

「愛情不足感」

は、本当に辛かったです。

子供に愛情をあげられなかったから。

子育てできない私はなんてダメな人間だと思っていたから…。

子供が大泣きするのを眺めながら、

「私が甘えたいんだよ~!」

ずっとそんな風に思って泣いていました。

はい、育児ノイローゼでしたね 汗

しかもね、子育てができない上に

大人になっても親のことを恨んでいる(しかも子供の頃のことを)とか、

どんだけ幼稚なんだよ~!私…。

と、

感情では恨みまくりながら、

理性とか、なんとなく社会一般の考えっぽいことも

思っていたりもするんですよ。

そんなときに、インターネットの掲示板とかで

私と似たような投稿されていた方が

「大人になってください」だの「子供がかわいそう」だの

叩かれているのを見つけちゃったりね 笑

もうストレートにグサッときますわよね…。

トドメの一発、みたいな。

でもですね、

そんな時期が過ぎてみたら、

「全部必要だった」と思うんです。

親に子供の頃の恨みをぶつけるのも、

親に10倍返しされるのも、

孤独な子育てしながら親を恨みまくる最低な毎日を過ごすのも、

自分の力で、自分の足で、なんとか立ち上がれるようになってきた今も、

全部必要だったんです。

もちろん、もっと早くにそれを経験しておけばよかったのかもしれません。

でも、私は幼い頃からすっかり反抗心を折られちゃってましたからね。

高校生になっても、「親に反抗したら生きてはいけなくなる」と、反抗期なんてありませんでしたし。

そのまま、進学しても、就職しても、結婚しても、

反抗することはできませんでした。

もしかしたら、このまま

わざわざ年老いた親にそんな大昔の感情をぶつけずとも、

そして恨みの気持ちで、自分の心もズタズタに傷つけながら、

こんな感情を持たなくてもよかったんじゃないのかなと、

ふっと思ったこともあります。

でも、やっぱり感情は

しっかり感じたほうがいいと、

今では思います。

大昔に、心のなかに押し込めた感情は、

大人になっても、残っています。

むしろ、見てないふりすると、

思いもよらないような時に、

コントロールできない状態で

出てくることもあります。

あの頃は、自分にとって辛すぎて、

きちんと感じきることが出来なかった…。

だから今、

余裕があるときに

しっかり感じきって、

手放していくのがいいと、思っています。

だから、

「親を恨むのは良くないことですか?」

栞の考えは、

親を恨んでもOK!

むしろ、散々恨みまくってもいいかも。

そうして、大人になった自分でしっかり感じ切ったところで、

その感情は成仏されていくのだと思います。

そうして心が軽くなる。

自分らしく、自然体の楽な自分になっていく。

そのためにはやっぱりこれを避けて通ることはできないのかな~と思います。

まとめ

というわけで、

「親を恨むのは良くないことですか?」

栞の考えは、

親を恨んでもOK。

年齢は関係ないと思います。

だけど

大人になっても

その感情は辛いことも多々あると思うから、

カウンセリングなり、

親子関係の本を読みまくるなり、

息抜きや楽しいこともやりながら、

自分の心を癒したり。喜ばせるのも忘れずに。

そうしていったん感じきってみると、

ものすごく心が楽になるかもしれませんよ。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする