妊娠中1日塩分6gの食生活を送っていた私が、減塩生活の方法についてご紹介

私は高血圧予備軍の「白衣高血圧」であることを、

第一子妊娠中に知りました。

妊娠高血圧症候群の怖さを知り、

そこから塩分1日6gの減塩生活を始めました。

そこでここでは、減塩生活をしていたときに、

気を付けていたポイントについてご紹介します。

⚫調味料はどんなものを使っていた?

調味料は、塩、醤油、味噌は減塩タイプに変えていました。

また醤油は醤油:だし汁=1:1で、だし醤油を使うこともありました。

砂糖は糖質を気にして、羅漢果から作られた甘味料を使っていたこともありました。

他は特に替えていなかったと思います。

あとレモン汁はかなり頻繁に使っていました。(ドレッシング代りや白湯に入れたり)

レモン汁は、食前に飲むと、血糖値を上げにくくしてくれるので、体重が気になってきた時なんかにもいいですよ。

⚫サラダを食べるとき

サラダを食べるときは、ドレッシングが必要ですよね。

ドレッシングは市販のものは、結構塩分が高いです。

だから、ポン酢:酢かレモン汁を1:1で混ぜたものをドレッシングの代わりにしていました。

そして「かけるよりつける」ほうが減塩できますので、

サラダにかけずに、野菜をつけて食べていました。

といっても、たまには好きなドレッシング使ってましたけどね 笑

ずーっと続くと、さすがに飽きてきます 汗

でもこの方法は産院の管理栄養士さんもおすすめしていました。

⚫インスタントのスープや味噌汁を飲むとき

インスタントのスープや味噌汁を飲むときには、

塩分量を確認して1/3~1/2くらいの量で作っていました。

お湯を1杯分入れると薄くても、少な目にすればそこまで薄さも気になりませんでしたよ。

⚫ラーメンが食べたいとき

なんかやたらとラーメンが食べたいときがあって 笑

でも、ラーメンは麺にもスープにも塩分があって、

とても塩分の多いメニューです。

私がチェックしたところ、

インスタントではなく、チルドのラーメンがものによっては塩分7g位でしたので、

全体の塩分量から、麺の塩分量を引き、

残りがスープの塩分量になるので、

スープの素の量を調節することで何とか食べていました。

大体3gくらいになるようにしてましたね。

ラーメンて、そのまま作ると結構しょっぱいので、

スープの素を減らしても、案外大丈夫でしたよ。

⚫主食はご飯

パンや麺類は、塩分が含まれてしまうので、なるべく食べないようにしていました。

ご飯には玄米や大麦を混ぜたり、

しらたきを細かく刻んでご飯と1:1で混ぜて炊く、

しらたきご飯もやってました。

こんにゃくご飯の素も市販されていますが、

結構するので、しらたきを使えば安上がりでおすすめです。

以上が、減塩生活で気を付けていたことになります。

塩分が気になる妊婦さんのお役にたてればうれしいです。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする