愛されない生きる意味がない…愛情不足で育った大人の改善の一歩は○○を感じる事でした

「自分は愛されない、生きる意味が感じられない」と思っているあなたへ。

私もかつてはそうでした。

紆余曲折しながら、大きな転換点があって、

今は変わってきたかな~と思っています。

そこでここでは、

「自分は愛されない、なんのために生きてるんだろう…?」と感じていた私が

どんな風にそれを克服できたかについて語ってみます。

スポンサーリンク

「自分は愛されない、生きる意味が感じられない」自分は愛情不足なのだと気づいたきっかけ

私が「自分は愛されない存在なのだ」とつくづく感じたのは

子育てがきっかけです。

子供ってとにかくなにもできない存在じゃないですか。

お世話をされ、愛されて、

一方的に受けとる存在。

逆にママは、

24時間何かあったらお世話をし、

子供に愛情を向けますよね。

でも私は、お世話だけでもいっぱいいっぱいで、

かわいい時もあるのだけど、

やっぱりそれだけじゃいられないときもあって。

子供が泣く度に

「私が泣きたいわ~」と思ってたし、

そんなときいつも、

たぶん子供の私、インナーチャイルドが

「私が愛されたいのに…

私が甘えたいのに!」

そんなことをいい始めるんですよね…。

臨月に、親に私の存在全否定されて、

それを数年引きずってましたから、

「あぁ私は愛されなかった人間なんだよなぁ…」って育児につまずく度に思ってました。

だから子供のことかわいいと思えないし、

育児ができないんだ~って。

育児もできない私、

いい歳して「愛されない…甘えたい…」

そんなことを考えてしまう私、

なんのために生きているのだろう…?と

生きる意味すらよくわからなくなってしまいました。

「自分は愛されない」…その気持ちの裏にあるのはこんな気持ちでした

そんなひねくれものの私でしたが、

そんな時期を通り越してみて今思うことがあります。

その満たされない気持ち、

誰にも愛されないと思う心は

愛情がほしくて淋しいっていうこと。

私の場合は突き詰めると

母性を求めている

ということでした。

お母さんに無条件に愛されたい

っていう気持ちがあって、それが満たされてなかったから

愛されないって思うのはその裏返しだったのです。

私の場合は

愛情系の心があったかくなるフラワーエッセンスを飲むことと

無条件に…ではないのだけれど、私のことをいつも思いやって、なんでも「うん、うん」と受け止めてくれて、私のために必死に動いてくれる義母の母性に触れたことで

結構心が満たされてきたんですよね。

それでわかりました。

あぁ私はお母さんに無条件の愛情をもらいたかったんだ~って。

そうしたら、「生きる意味なんて…」とは

いつのまにか考えなくなっていました。

夫も愛してくれますが、

またそれとは違ったんです。

私が求めていたのは母性でした。

自分が求める愛情を、お母さんからもらえるとは限りませんよね。

人によって、愛されたい度合いは違いますから、愛されたい気持ちが強い人は、それをお母さんからもらえるかどうかはお母さん次第だと思うのです。

ズバリ、相性の問題、ということになります。

私はホロスコープでも「家庭」というものに強すぎるこだわりがあります。

「愛されたい」欲求が強いのだと思います。

しかし母は、ホロスコープでは人とベタベタするのが嫌いなタイプ。

自分は自分、で「個」の存在でいたい人です。

だから、過干渉ではなかったけど、

いつも、私が何を言っても突き放す言葉ばかりで、

受け入れてくれる言葉、というのはなかったなぁ~…。

今、誰からも愛されないと思っているあなたも、

自分が求める愛情と

両親やパートナーからもらえる愛情に

大きな差があるから、

「もっと愛してほしいのに~」って

心が淋しがっているのだと思うのです。

「愛されたいなら自分から人を愛そう」はほんと?私の挫折エピソード

この手の話を始めると、よくいわれるのが

「愛されたい、愛されたいってあなたはいうけど、

じゃああなたは人を愛しているの?」

これです!!

めっちゃ正論で、ぐうの音も出ませんわ~!ですよね。

グサッときます。

でも、確かに解決策のひとつではあります。

実際に人を愛して、たくさん愛を与える人になれると

自然と愛が返ってくるのです。

私に「母性ってこうなんだ~」と教えてくれた義母は、

「自分が愛されたいは頑固。

どんな親でも、ここまで育ててくれた両親に感謝をして

まずは自分から愛を注ごう」

そんなふうに考えています。

そうして義母の息子ふたりはとても温かい人に育ってますし、

家族みんな仲良し。

私もいつも明るくて元気な義母に会うと、まさに太陽のような存在で私の気持ちを引き上げてくれるんですよね~。

だから私も義母に会うと楽しくなるし、私もいただいた愛を返そうと思います。

だけどね、

そもそも愛されたくて心が淋しがっている状態のなか、

なかなかにこれをやるのは難しいと思うんです。

仕事でものすごく疲れがたまってたりだとか、ショックなことがあって眠れないほど悩んでたりしてるときに、

なにか難しいことをやろうとしても、

すぐに限界がきて、ここぞで踏ん張りきれないですよね。

だから、愛されたい人に「愛しなさい」って言うの、結構キツいことだと思うんです…

心が弱ってるから、挫折しやすくて、

挫折した自分にまた自己嫌悪の悪循環…

そんな風になってしまった方も

たくさんいるのではないでしょうか?

私ももれなくこれでした。

育児のストレスも相当で、

心身ともにボロボロになって

家に引きこもっているのに、

気持ちを明るく保って、

さぁ今日も子供が泣き止まなかろうが、ご飯を嫌がって食べなかろうが無償の愛を…なんて無理でした。

「自分は愛されない存在」愛情不足な私が出会った魔法のような不思議な液体

そんな私が出会ったのが

フラワーエッセンスでした。

もう毎日がつらくてつらくて

カウンセリングにもいってみたけど、

子供を預けるにもお金かかるし

極度の人見知りで泣きわめかれるし

カウンセリング自体も結構なお値段しますよね…

それを定期的に続けるのって…うーんとなって。

しかもカウンセリングしたところで劇的に改善に向かうとは思えなかったし。

そんなときにふっと検索で引っ掛かったんですよね。

一本2~3千円台で、

飲むだけだから

子供を預ける必要もない

1日に2~4回くらい飲むだけだから

育児しながら

家にいて隙間時間にできる

また授乳中であっても、飲み方に工夫(熱い飲み物に垂らしてアルコールを飛ばす)することで飲める

アロマのような体への影響はないから、禁忌なもの、注意しなくちゃならないものもない

基本誰でも、なんでも、好きに飲める。(アルコールを飛ばせば赤ちゃんにもOK)

それでお花のパワーをもらって、

心が癒されていくらしい。

そんな魔法のような不思議な液体、

フラワーエッセンスが気になって

その気軽に使えるところに惹かれて、すぐに購入してみたのでした。

そのあたりのお話はこちらをご覧下さいませ。

フラワーエッセンスが子育てママにおすすめの理由

フラワーエッセンスはお花のパワーで心を癒す液体です

フラワーエッセンスのよさって、

飲み忘れがなければ

自然とその波動を纏った自分になれることなんですよね。

もちろん、効果を感じにくかったり、合わなかったり、個人差はありますけどね。

なかなか自分にぴったり来るものを選ぶのも難しいですし。

でも私はもともとあまり人を選ばず効果があるようにブレンドされた

コンビネーションと呼ばれるエッセンスたちをとっていくことで、

効果に差はあれ、

効いていると感じることができました。

効果って本当にあるの?って方は、

まずはコンビネーションのエッセンスがおすすめです。

特にレビューの多い人気のエッセンスは、それだけ多くの人が効果を感じているのだから、

私も最初は

レビューを調べまくって、レビューのいい、自分に効果がありそうなものを飲んでいました。

それで、この章の最初のところで

「ん?波動?」

違和感を感じられた方へ。

そうなんです。

フラワーエッセンスはお花の波動を転写した液体なのです。

フラワーエッセンスの物質的なお話はこちらをご覧下さいませ。

フラワーエッセンスって何でできているの?どうやって使うの?

そんなお花の波動が私たちの心を癒してくれるのですよ。

私も波動という言葉を聞いたのは、

大昔のゲームの「ストリートファイター」の波動拳以来で、笑

最初は

「波動って何…?あやしい…」と思っていました。

だけど、実際に最初に選んだエッセンスから、私は劇的に効いてしまったため、

そんなあやしさはあっという間にふっとんで、

「効果があるんだからあやしくてもOK!」

どんどんフラワーエッセンスにはまっていってしまいました。

私とフラワーエッセンスのファーストコンタクト…未知との遭遇ストーリーはこちらです。

最初のフラワーエッセンスは何を飲んだのか?なぜそれを選んだ?その反応は?

フラワーエッセンスを使ってみたら、自分のなかの「愛」に気がつきました

と、ここまでフラワーエッセンス話に花が咲いてしまいすみません 笑

話をもとに戻しますね。

私が「自分は愛されない存在」だと思うあなたに伝えたいことは、

フラワーエッセンスで、

愛ってこんな感じなのかな?とか

心がぽっかぽかってこんな感じなんだ~!とか

愛ってものに触れながら、

その世界を体験してほしいってことなんです。

そりゃー、大切な人から無償の愛を注がれたら、それに越したことはないのですが、

特に親からの無償の愛を、大人になった今、もらおうとしてもとても難しいと思うんです。

そして、私を含め、「親にたくさん愛されてきた」実感がない人は、

愛で心がぽっかぽかになるという体験をされたことがあまりないんじゃないのかな~って思うのです。

私は愛って何よ?

私の中には愛なんて絞っても出てこないわ~!

だいぶこじらせていたんですけど 笑

フラワーエッセンスで、心があったかくなるようなものを選んで飲んでいたら、

少し、

「あぁ愛ってこんな感じなのかな」と思えたし

人に愛を注ぐことで、自分もこんなに心があったかくなるんだなぁとわかりました。

だから、

「自分が愛されたいならまず相手を愛しなさい」

も間違いじゃないのは、私も実感できたのですが、

やっぱり心がすごく愛を欲している状態でそれをするってとても難しいことだと思うのです。

少なくとも私はそうでした。

だからね、

「自分は愛されない存在」だと思う人は、

まだ自分の知らない「愛の世界」を、

「自分の心がぽっかぽかにあったかくなる体験」を

フラワーエッセンスで、感じてほしいなぁと思うのです。

私自身は、

フラワーエッセンスを使いながら、

「あぁ愛ってこんな感じなんだ…」ってわかったら、

やっぱりその状態が心地よかったんです。

だから、似たフラワーエッセンスを続けて飲んだりして、

その状態をキープしたいなぁって思いました。

なかなか思うようには行きませんが、

それでも、続けて飲んでいるうちに

どんどん心が軽くなってきたし、

人に対して思いやりの気持ちが出てきたりとか

優しくなれるようにもなってきましたよ。(当社比ですけどね!)

そこまで来たら、

親への「自分を愛してくれなかった」思い込みもなくなってきました。

あぁ、親のやり方で愛されてたんだなぁってとてもわかりました。

また親もやるべきことに縛られ過ぎて、苦しかったんだろうなぁとか

満たされないところがあるから、私のことも受け入れる余裕がなかったんだろうなぁとか。

ここまでくるのに、

もちろん紆余曲折ありましたよ。

でも、フラワーエッセンスで「心があったかくなる体験」ができたことが本当に大きかったです。

だってないと思っていた私の中にも

愛ってあったんだなぁって思えましたから。

それに、愛を感じて涙が出そうになるくらい、愛を受け入れることができる自分もいたのだと感じました。

こういう体験ができたことが、

私には大きな自信になったのです。

「自分は愛されない存在」だと思う人は、

これまでの人生のなかで

そういう思い込みを作り上げてきてしまったのだと思うのです。

もちろん、それは仕方がないことです。

だけどフラワーエッセンスで、心が愛で満たされる体験をすることで

実感としてその考えが変わってくるのでは?と思うのです。

だから「自分は愛されない存在」だと思っているあなたに、

フラワーエッセンスを飲んでみてほしい~!!

と強く思います。

私が実際に飲んでみて、心があったかくなる体験をしたエッセンスはこちらです。(ただいま作成中)

まとめ

というわけで、

「自分は愛されない存在」だと思うあなたへ、

だまされたと思って、

フラワーエッセンスで、

「心があったかくなる体験」をして

ほしいです!

というお話でした。

また子育てでイライラしてばっかりで、子供との相性が気になる方や

親子関係が悪くて親との相性を知りたいという方

栞の星読み部屋にお越しくださいね!!

誰かのお役に立ちますように。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする