12/23 蟹座満月の意味~自分と向き合いながら自分と周りの優先順位を探していく満月

12/23 2:48 蟹座で満月を迎えました。

昨日みた、満月の一歩手前の月がやたらと大きく感じたので調べてみたら、

今回の満月は1年でも3番目くらいに地球に近いところで起こっているようです。

月の影響って私たち人間にとって、とても身近で影響を受けやすいものです。

しかも今回は月のホーム的なポジションである蟹座で満月が起こっていますから

今回の満月はなかなか影響が強いかもしれませんよ!

それでは蟹座満月の意味について考えてみました~。

スポンサーリンク

12/23 蟹座満月の意味~自分と向き合いながら自分と周りの優先順位を探していく

今回の満月は

蟹座の純粋なエネルギーでいっぱい!というような場所で起こります。

蟹座の世界は家族の世界。

思いやりや共感の気持ちに心がほっこりするような、あたたかな気持ちになれるような世界です。

とはいえ、私たちはそれぞれ別の人格を持った別の人間です。

別の人間が家族として共同生活をするには、一定のルールも必要ですよね。

ぬくぬくほっこりするには、自分の個性を弱めて、集団のルールに合わせていく必要もあるわけです。

今回の満月は、その家族のなかで脈々と受け継がれてきたものにスポットが当たりそうです。

ご自身の家系だったり

パートナーの家系だったりするかもしれません。

自分の中に目に見えるものも見えないものも

脈々と受け継がれてきたものは

誰にでも多かれ少なかれあるのではと思います。

でも社会に出てみると

家庭のルールなんて通用しません。

なんなら一般常識とも少しずれた属する会社のルールに合わせる必要だって出てきますよね。

だけどみんな、生活の糧を得るために

そのルールに合わせて生きていますよね。

今回の満月が起こる蟹座ー山羊座のラインというのは

このように家庭や社会のその場だけのルールに縛られ、個性が弱まってしまうところがあります。

そこに、

そうしたその場かぎりのルールに合わせて

自分の個性を弱めてしまうことって

本当に必要なことなの?

って思わされるような出来事があるかもしれません。

また家庭や会社のルールが変更されたり

やらなくてはいけないことに対して

もっと自由になりたい!

自分の個性を表現したい!

という思いから

新たなやり方を模索したいと動き出すかもしれません。

この満月では

とても内向的というか

気持ちが内側に入り込みやすいですし

自分と限られた周りの人たちだけの世界を

非常に楽しめる時期でもあります。

普段、他人の軸に振り回されやすいところがある人は

人とのコミュニケーションを通して

自分というものをもっと知り

新たな個性を見つける

ということがあるかもしれません。

まとめ

というわけで、今回の蟹座満月は

なんとなく雰囲気に飲まれて合わせてしまっている

その場限りのルールというものに

一石を投じる出来事があるかもしれません。

自分の個性を強く打ち出せばいいってものではありません。

また自分をなくして、周りに合わせすぎてもよくありません。

自己の深いところまで潜って

自分って何?って疑問にとことん

向き合いながら

自分なりのバランス、というものを

考えていく、そんなタイミングなのではと思います。

あと、いろんな意味で羽目の外しすぎには注意です~。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする