11/8 蠍座新月の意味~自分を取り戻し、新しい関係の中に飛び込んでいく

元走り屋(自転車)の栞です。

自転車の走り屋って何?の方はコチラ

本日11月8日午前1時1分に 蠍座で新月を迎えました。

今回は前日に天王星

今日 の夜には木星

という二つの影響の大きな天体の移動が重なっている新月でもあり

色々と動きが大きそうな感じもします。

今回の蠍座新月の意味について考えてみました。

スポンサーリンク

11/8 蠍座新月の意味~自分を取り戻し、新しい関係の中に飛び込んでいく

蠍座は くっつきたい星座です。

くっつくことで 自分自身を変え

自分に足りないものを補おうとします。

今回の新月はその蠍座の力が一旦弱まる場所で起こりました。

つまり外に 足りないもの を見出すのではなく

自分の内側に あるということを 信じる牡牛座の影響を 受けている場所です。

人とくっつくには 自分自身をその人に合わせていく必要があります

そして時に自分自身とは何かを見失ってしまうこともあるでしょう

そのような時に

自分とは何か

自分 の軸となるようなものを思い出す

そんなタイミングなのかもしれません

今回の新月の部分に関しては とてもスムーズにいく配置しかありま せん

コミュニケーションやパートナー 自己主張 と言った キーワードもありますので

見失った自分自身を取り戻し

その上で改めて パートナーと

コミュニケーションを取っていく

自己主張をしていくことで

これまで以上に パートナーとの 関係がスムーズに行くかもしれません

新月とは別の部分で

以前から毎日の星占いでは話に出してましたが

お金に関すること

パートナーシップに関することの 変化自立別れ

といった流れが 来ている方もいらっしゃるのではと思います

昨日この変化自立別れを 牽引する 天王星が

牡牛座から牡羊座に戻りました

(天王星 は現在 逆 行 中です)

五感で感じて 自分の感じるままに 独自のこだわりの世界を作り出す牡牛座と違って

新しいことを始める開拓者のような牡羊座は 直感を大切にし非常にスピーディーに動きます

ですので ここから とても動きが出てくるかもしれません

また 水瓶座にいる火星もサポートしてくれる配置をとっているので よりガッツや行動力も高まりそうです

まとめ

というわけで今回の蠍座新月では

自分自身とは何か

自分の軸とは何か

もっと言えば自分を信じるということ

自分を信頼することを取り戻し、

自分というものをしっかりさせた上で

周りの人たちと関わっていくことが

物事をスムーズにする のではないかと感じました

そうした 新しい人間関係の中から

思いもよらない世界を知ることができるかもしれません

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする