親子の相性が合わない…それはホロスコープにも表れていました

親子関係に問題がある

親子の相性が合わない気がする

親のことが好きになれない…

親子関係に悩みを抱え、苦しんでいる人は

思ったよりも多いのだと思います。

年を重ねるにつれて

「親に育ててもらった恩を返さなければいけない」

「親孝行しないといけない」

それに

「どんな風に育てられたとしても大人になってから親を責めるようなことを言うのは子供っぽい、恥ずかしい」

そんな世間の一般論に振り回されたりして

私にはそれができない

恩を感じるよりも

親となるべく関わりたくない

親なんか嫌い

親を恨んでいる…

とすら思ってしまう自分に

自己嫌悪、罪悪感を持っていました。

でも、いくらきれいごと言ったって

親子関係で相性が悪いことってあるんです。

私は占星術を学び始めた頃、

親との相性をみてもらって

いいとはいえない相性を持っていることがわかったんです。

それで

親に恩を感じることができない

親となるべく関わりたくない

と思っていた自分の

ダメだと思っていたところ、

大人になれない子供な自分がとてつもなく恥ずかしいくて

誰にも相談できないと苦しんでいたところ…

そんな気持ちを抱えて苦しんでいた私は

とても救われたのを覚えています。

やっぱり幼い頃の心の傷って、

心の奥深くにしまいこんで

忘れ去ってしまったとしても

傷は癒えずに残ってると思うんです。

おじいちゃんおばあちゃんになっても

とっくの昔に両親が他界していても

心の傷が癒えないままの人もいます。

だから、

今あなたが心の傷を抱えて苦しんでいるとしても

自己嫌悪や罪悪感を感じないでほしいなぁと思います。

やっぱり世間一般的には

「大人になったら親孝行しなくてはいけない」

そう考える人も多いです。

だから無理に

人に話さなくてもいいと思うのです。

でも、ひとりで抱えているのは苦しいですよね。

私も出産してから初めて実感してますが

自分がされた子育てって、自分の子育てに大きく影響してくるんです。

もちろん、自分でなにかしら心を癒したり、考え方を変えたりして

親を反面教師とすることができる人もいるとは思います。

そんな人もいるから

余計に自分がダメだと思って

ただただ泣きながら縮こまってしまいます。

もう絶対人には話せないと

必死になって苦しい気持ちをひとりで抱えてしまいます。

それはほんとにほんとに苦しいです。

私はそうでした。

さらに悪いことに

余裕がなくなると親と同じ子育てをしている自分に気がつくんです。

絶対親のようにはなりたくないと思っていたのに

そんな親とそっくりの自分に

ただただ打ちのめされるだけでした。

私には子育てができない。

自信をなくして

絶望してました。

でも、占星術を知って

自分がどんな人間なのか

親がどんな人間なのか

自分と親の相性はどうなのか

それを知ることで

より冷静に親との関係を見ることができるようになり

とても楽になりました。

何より

「私が感じたことは悪いことでも

恥ずかしいことでもなかったんだ」

って思えたことで

本当に本当に救われたんです。

今日は

そんな私の親子の相性について占星術の視点から語ってみます。

スポンサーリンク

占星術でみる私と親の相性

私と両親との相性で

特徴的な配置があります。

それは

「お互いに悪気がなくても

相手の言葉や行動にカチンときやすい

もしくは傷つきやすい」

というものです。

この配置を父と私、母と私

両方お互いに持っています。

父と母は、私のことにカチンときたり、

私に悪気がなくても父と母を傷つけてしまうということが起こりやすく

私も同じように父と母にカチンときたり、傷つきやすい関係だということです。

これが、

今でこそ私もカチンとくることがありますが、

幼い子供にとって、

親に傷つけられることはあっても

親にカチンとくることってないですよね?

子供は親のすることは正しいと思ってしまうものだし、

だから自分が悪いんだと思い込んじゃうんです。

だから、こういう相性だと

子供のやることなすことイライラしたり、親が傷つくようなことを無意識にしてしまったりして

子供が一方的に責められる、イライラした感情をぶつけられる、

そういう風になりやすいと思います。

他の相性を見てみると、

確かに両親とも

私を愛してくれる配置をもってもいるのですが

それ以上に

私には、毎日のようにイライラをぶつけられ、あれがダメこれがダメと怒鳴られることが

苦痛で苦痛でなりませんでした。

この配置をもっていて、

このように怒りを誘発する関係になってしまったら

やっぱり適度な距離を取った方がいいと、

その時みていただいた先生もおっしゃってました。

私は手を挙げられたことは思い出す限りはありませんが

暴力として出ることもままあります。

親子でこんな相性だと、

どうしても子供が傷つくということが

多くなるようです。

この子供の頃の関係性が

私が親が嫌がるような意見をいうことを

諦めさせてしまっているし

大人になっても

かなり長い間ひきずりました。

でもそれは、

私が悪いからでも

両親が悪いからでもなく

相性が悪かったのだと思えたことで

いい意味で諦めもつきましたし、

自分が悪いんだ、ダメなんだと

自分を責めることから

解放された部分もありますので

本当にそれがわかったことで

私は救われたんです。

まとめ

いろんな親子のホロスコープを見ていると、

やっぱり

これは辛そうだな~と思える相性はあります。

その相性を劇的に変化させることはできませんが、

少なくとも

そういう相性なのだと知ることで

自分が変わっていくことができますよね。

そんな風に占星術を使っていくことが

お悩み解消のきっかけになるかもしれません。

私も超超微力ながら、

そのお手伝いができたらな~と思っています。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする