10/25 牡牛座満月の意味~見えてなかった部分に光を当て、人生の方向転換を図る満月

元走り屋(自転車)の栞です。

自転車の走り屋って何?の方はコチラ

かーなーりー遅くなりました 汗

今さらですが10/25 牡牛座満月の星読みをアップいたします~。

今月は何かと動きが大きい新月・満月でしたが

この満月も今年のなかでも印象的なものであると思います。

気になる方や、

心当たりのある方は

よかったらご覧くださいね。

スポンサーリンク

10/25 牡牛座満月の意味

10/25 1:45 に牡牛座の月と蠍座の太陽が

相対し、

満月になりました。

牡牛座―蠍座は

1番は「お金」がテーマであると言えると思います。

ですのでお金に関するテーマと向き合わざるを得なくなった人も多いのではないでしょうか。

もうひとつ、この満月の配置から浮かび上がるテーマは

「パートナーシップ」でしょうか。

結婚、恋愛など性的な関係をもつものも

単純に人間関係もありそうですが…

複数人のグループ交際のようなものよりは

閉鎖的な1:1の関係性…の人間関係という感じでしょうか。

この時期、

向上心を持って「やるぞ~!!」というガッツや積極性を持ちにくいですし、

フットワーク軽くあちこち行き来したり

いろんな人と風通しのよい関係を築くともなりにくいです。

とにかく感情が1番になりやすいでしょう。

感情に振り回されて

疲れはてないよう注意が必要です。

また

結果が出せそうにないのに行動に移せないと思考だけぐるぐるしてしまったり

やるからには結果を出さねばと頑張りすぎて疲れてしまったり

ということにもなりやすいです。

今の時期、

前述のヤル気や積極性

風通しのよさとフットワーク

が足りなくなっています。

意識してこの辺りを行動や思考に取り入れるようにすると

楽になるかもしれません。

そんな感情過多な今日この頃。

特にこの満月近辺で

ドカンと大きな

変化・自立・別離

をせざるを得なくなったという人も

いたのではないでしょうか。

この満月の起こった位置からも

脳ミソに電流が走るくらいの

ドッカーンぷりが想像されます。

脳ミソに電流が走るくらいの出来事に

すぐに冷静になれるひとはいません。

今は(外側から見えるかどうかは別として)感情的になりやすい時期ですから

余計です。

今まさに

お辛い気持ちを抱えてらっしゃる方もいるかもしれません。

今回の満月では

ある天体が

サポートをしてくれています。

忍耐力を授けてくれたり

現実に沿った行動ができたり

いるものいらないものの仕分けがスムーズにできたり

年輩の人が力になってくれるということもあるでしょう。

また明らかに理不尽なことに関しては、社会的な制裁ということもあるかもしれません。

今回の満月は

「隠れていたもの」

「見て見ぬふりしていたもの」

に光が当たった、ということなのではと思います。

光が当たらなければ見えなかったもの、とも言えます。

占星術的には来年、再来年と

かなり大きな転換期を迎えそうな配置が出来ます。

今はそれの序章、なのかもしれません。

大きな飛躍をするための

ホップ・ステップ・ジャンプの

ホップを踏み出したところなのかもしれません。

大切なのは、

これまで見えていなかった部分に光が当たったとき

自分は何を思い感じたかということ。

それがズバリ、貴方の目指す方向なのかもしれません。

この満月を機に

見えなかった部分が見えたことで

足元が明るくなったのではとも思います。

感情的な嵐が収まったあと、

ふわふわしてよくわかっていなかった部分が

地に足ついて考え行動できるようになっていることに

気づくかもしれません。

「この出来事は貴方の人生にどんなことを教えてくれたのか」

そういう視点で考え、行動していかれるといいのではと思います。

今回は本当に、腹を決めたら

たてなおしは比較的スムーズなのではと思います。

再来年に自分がどうなっていたいかを考えてみると

今の大変さも少し和らぐのではないでしょうか。

まとめ

というわけで、牡牛座満月の星読みでした~。

もし以前の星読み記事をご覧になったことがあれば、

今回やたらと感情的なことに気付かれるかもしれません。

星配置の通りに

思いっきり感情に振り回されてる栞なのでした。

視点は今ではなく再来年ですよ~!

一緒に頑張りましょうね!!

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする