この世界に飲み込まれないために…大切なのは自分で立つ力なんです

元走り屋(自転車)の栞です。

自転車の走り屋って何?の方はコチラ

私が過去のブラック企業についての話

ブラック企業と対決!労働基準監督署を無視した会社と自分の無力を痛感した話

を書いた次の日に、

あんなニュースが飛び込んでくるとは…

とてもタイムリーでした。

私が受けたのはまだまだ全然軽いものですけど、

監視カメラとか

掃除の強制とか

ちょっと共通点もあって

ただただゾッとしました。

これに関わる人たちのホロスコープを見てみて、思ったことを書いてみます。

スポンサーリンク

土星と海王星がお互い影響しあった相性

土星は現実世界。

一般常識や

社会で守るべきルール。

組織なんかの枠組みとかを現します。

あと生活面に関しても。

長期的に見ると

住宅ローンやら、教育費やら、老後の資金やら心配になりますよね。

だから、今、お金を貯めようと節約をする、我慢する。

そういうのはとても土星的です。

それが弱いと、お金を気にせずあるだけ使っちゃうとか、

そういう風になったりします。

その現実生活を溶かすのが海王星です。

詐欺とか、洗脳とかも海王星が悪く出ると起こることも。

海王星は想像力やイメージなど形のないものを現します。

いい風に表現すると、

いい例はディズニーリゾートとか。

夢の世界ですよね。

ファンタジーや漫画、アニメなんかも海王星の象徴です。

あとは音楽や美術、演劇、芸術全般。

それから芸能人というのも、夢を見せてくれるお仕事ですよね。

そういう、人に希望を与えてくれて

前向きな未来を夢見られる…

そんなのが海王星をいい方向に使った例です。

スピリチュアル、占いも海王星の要素が強いです。

どこか妖しい魅力というか、神秘的なところがありますよね。

今回の方々のホロスコープを見る限り、

この土星と海王星が

強く関わっているように思えます。

お互いのホロスコープに海王星をのせあっているんですよね…

だから

お互いに、相手がいると

夢のような経験をしたり

よくも悪くも理想像になりえたり

でも現実感覚を薄くしたり

生活が立ち行かなくなったり

気が大きくなって経営にも悪影響ありそうです…

実際、経営が悪化してから事態が変化したらしいですし。

他にもそれぞれのもった気質もそうだし、

時期的な影響もあって

ほんとにたくさんのことが重なって…のことのように見えました。

かなり強烈でした。

インターネットも海王星です

インターネットの世界も

形がない

空間がない

ただただどこまでも広い世界ですよね。

海王星の象徴のひとつです。

だからインターネットの中も

たくさんの魅力的な世界が拡がっています。

でも形がないもの。

だからインターネットの中に

夢を見いだすようなことがあっても

それは

本当に真心から出ているものなのか

ただの夢幻と消えてしまうものなのか

そういうことが

きちんと

自分で見分けられないと

やっていけません。

ネット依存なんて言葉もありますが、

ネットの中の広すぎる世界のなかで

玉石混交の

楽しみも

夢や希望も

悲しみも怒りも怖いものも

入り乱れたこの世界で

人はいつの間にか

インターネットに振り回されて

自分の力で立てなくなってしまう…

ネット依存てそういうことで

とても怖いことでもあります。

やっぱり最後は

『自分の力で立つ』

ということが絶対に必要になってくるんです。

そのときに必要なのは『土星』の現実感覚。

安定を求めるので、

慎重にもなるし

だから少しでも危機感を感じたら

すぐ離れることもしやすくなるのでは。

占星術のセオリーでは

影響の強さは

土星<海王星

です。

海王星の夢の世界は

現実感覚を薄れさせます。

なかなか海王星を使いこなすって

難しいので、

意識することでどうこうなるものでもないことも多いと思うのですが、

意識があるだけでも絶対に結果は変わってくると思いますし

土星的要素、

地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)

なんかが弱いのであれば

相性をみて、

その部分を補ってくれる人と一緒にいることができるのであれば

とてもいいと思います。

まとめ

私たちはこの3次元の世界に生き、

自分の身体を持ち

物に囲まれて生きてます。

そのためにはお金だって

絶対に必要ですよね。

また詐欺師にひっかからない見極める目も必要です。

やっぱり私たちは

この物質世界に縛られて生きている面がある。

いつも地に足つけて立っている必要があるんです。

夢や希望も大切。

辛くなったら

そこから一時的に逃避してもいい。

だけどやっぱり最後は

自分でこの世界に踏ん張って

生きていかないといけないんです。

土星の重要性を改めて感じた今日この頃です。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。