小さな子供がいても使える香りを厳選!ハロウィンおすすめアロマオイル

秋にはこれといったイベントがなかった日本に、

だんだん定着しつつあるのが

ハロウィンですよね。

スーパーにいけば

さまざまなハロウィンのお菓子やスィーツが並んでいるし

街がオレンジ色と黒色で

ハロウィン色でカラフルですよね。

子供がいるママにとっては

「お菓子」「仮装」

子供と楽しめるキーワードが揃っているハロウィンは

ぜひぜひ楽しく過ごしたいイベントのひとつですよね。

そんなハロウィンに、

楽しい気分を高めて

しかも小さな子供がいても使える

おすすめのアロマをご紹介します。

スポンサーリンク

そもそもハロウィンて何なの?

ハロウィンは古代ケルト人のお祭り

ハロウィンは

古代ケルト人のお祭りを起源としています。

古代ケルト人たちは

「ケルト4大祭祀」という

宗教的な儀式を行っていたようで、

その中でも重要とされていたもののひとつが

「夏の終わり、冬の始まり」

「1年の終わりと始まり」

というタイミングで行われる

サウィンというものだったそうです。

このサウィンが10月31日に行われていました。

ケルトでは日没からが1日の始まりですので

10月31日の夜~11月1日の日没まで

のことをあらわします。

これが後にキリスト教の諸聖人の日と

重なったと言われています。

(というかキリスト教に吸収されたという説とキリスト教がケルトの宗教を潰すために重ねたという説があるそうです…)

現在では

ケルトの地であるアイルランド

イギリス、アメリカ、カナダ、

ニュージーランド、オーストラリア

などで主におこなわれているようです。

ハロウィンて何やるの?ジャック・オー・ランタンの意味って?

ハロウィンの起源とされるサウェンは

1年の始まりの日、

収穫祭のような感じで

作物などを捧げ

同時に

あの世の門が開き、

死者の霊や悪さをする悪霊などが

やってくると信じられていました。

そのため子供たちにお化けの格好をさせたり、

ジャック・オー・ランタンを飾って魔除けとしたのだそうです。

このジャック・オー・ランタンにも

伝承があって

生前に堕落した生活を送ったまま死んだジャックという人物が

あの世に入るのを拒否され、

悪魔にもらい受けた石炭を

その辺に落ちていたカブの中にいれ、

それをもってさまよっていた…

という伝承があり、

それがもとになっているようです。

実はケルトの地、アイルランドは

カボチャはあまり生産されていません。

もともとはカブだったのです。

ハロウィンの文化がアメリカに渡った時点で

アメリカで生産量の多かったカボチャに変わったとされています。

ちなみに、

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャック・スケリントンは

この人物がもとであるらしいです。

小さな子供でも使えるハロウィンにおすすめのアロマオイルって?

ではでは、

ハロウィンのことが少しわかったところで

小さな子供がいても大丈夫な

ハロウィンにおすすめのアロマをご紹介します。

まずは注意点!

・3歳未満は必ずアロマディフューザーなどでの芳香浴にすること

・赤ちゃん、授乳中のお子さんの場合は芳香浴も1日15分~30分とすること

・妊娠中の方は使えないものもご紹介していますのでご注意ください

(各アロマオイルの紹介部分をお読みください)

まぁ、ハロウィンを楽しむために

ハロウィンの香りでアロママッサージ…というママはいらっしゃらないと思うのですが

アロマは

瞬時に香りの癒しをくれる

素晴らしいお花の恵み…

なのですが

体への影響もその分ありますので

赤ちゃんや子供、妊娠・授乳中の方など

気を付けねばなりません。

ここのところは必ずお守りいただいて

楽しくアロマを使ってみてくださいね。

小さな子供でも使えるハロウィンおすすめアロマオイル その1【カモミール・ローマン】

小さな子供でも使える

ハロウィンにおすすめのアロマオイル

ひとつめには

【カモミール・ローマン】を

選んでみました。

ハロウィンは古代ケルト人のお祭りであるというお話をしましたが、

各地でさまざまな民族に広まっていき、

そのうちローマでは

りんごの女神『ポーモーナ』に

豊穣をお祈りするというお祭りへと

なっていきました。

そこからなのか

アメリカのハロウィンは

アメリカ版りんご飴のような

生りんごにキャラメルをコーティングした

キャラメルアップルが定番のハロウィンスイーツであるといいますし、

飲み物もアップルサイダーが定番なんだそうです。

そこから

『りんごのような香り』

【カモミール・ローマン】

の香りが思い浮かびました。

(注意点としては

カモミールは

カモミール・ローマンと

カモミール・ジャーマン

があるということです。

りんごのような香りがするのは

【カモミール・ローマン】の方です)

【カモミール・ローマン】の香りは

夜尿症のお子さんにも

いいとされ、

リラックス効果が高く

小さな子供でも使えるアロマオイルの

代表的なものになります。

高い鎮静効果がありますから

夜でももちろん大丈夫!

今年のハロウィンには、

アップルサイダーと一緒に

【カモミール・ローマン】の香りは

いかがでしょうか?

なお、この【カモミール・ローマン】は妊娠初期には使えず、

中期・後期であっても使用には注意のアロマオイルとなっております。

小さな子供でも使えるハロウィンおすすめアロマオイル その2 【ティートゥリー】

小さな子供でも使えるおすすめアロマオイルふたつめは

【ティートゥリー】です。

なぜかというと

【ティートゥリー】は

小さな子供でも使える

『魔除けの香り』だからなんです。

ハロウィンは

死者や悪霊がやってくる日。

そこで人々が

子供に仮装させたり

ジャック・オー・ランタンを作って

魔除けにしてみたりするという

お話をしました。

それにちなんでみました。

【ティートゥリー】の香りは

高い抗菌効果から、

お掃除にもいいですし

風邪予防なんかにも使えるアロマオイルなんです。

またスッキリした香りは

気持ちをリフレッシュしてくれ、

やる気をアップさせてくれますから

お疲れの朝なんかにもおすすめのアロマオイルです。

そしてスピリチュアルアロマ的には

魔除けの効果もあるとされています。

スッキリ系の香りで、子供にも使えるアロマオイルって

結構少ないです。

ぜひぜひ【ティートゥリー】のアロマオイルで

自分の中のやる気ないオバケも

ハロウィンでやってくる

悪霊たちも

一緒に追い払っちゃいましょう!!!

なお、この【ティートゥリー】は、

妊娠初期には使えないアロマオイルとなっておりますので注意です。

小さな子供でも使えるハロウィンおすすめアロマオイル その3 【オレンジスィート】

3つめの香りは

【オレンジスィート】になります。

オレンジの香り。

「えっ!ハロウィンカラーがオレンジだから?どうせカボチャの色なんでしょ?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ハロウィンカラーがなぜオレンジと黒なのかご存じでしたか?

実は意味がちゃんとあるんです。

先のハロウィンの起源のところで

ハロウィンはもともと収穫祭だった

とお話しましたが、

実はオレンジ色には「収穫」

の意味があるそうなんです。

そして「黒」には

霊たちが帰ってくる

「暗闇」や「死」を表すのだとか。

というわけで、

ハロウィンの起源にちなみ、

「収穫」の意味を持つオレンジカラーというところから

【オレンジスィート】の香りを選んでみました。

甘く優しく、誰もがリラックスできる

すごく使い勝手のいいオイルです。

(芳香浴を前提のお話です。肌につけるて紫外線を浴びると光毒性で皮膚刺激 となりますのでご注意を!)

寝室に香らせても大丈夫な安眠の香りですから、

夜でももちろん大丈夫!!

かえってリラックスできて安眠に繋がっちゃうかも!

それだけではありません。

【オレンジスィート】には

食欲を増進したり

消化を促進したり

胃を丈夫にしてくれる効果もあるんです!

更に便秘や腸にガスがあるときにもよくって

心の面でも楽観的にしてくれますから、

『日頃の疲れを癒すべく、

ハロウィンの日くらい

食べ過ぎ・飲み過ぎOKにしちゃいます?』

とも思えてきちゃう香りなんですよ!!

まさに、ハロウィン・パーティーにうってつけ過ぎません!?

この【オレンジスィート】は妊娠中でも使えるアロマオイルです。

気分を明るくしてくれる上

冷えやむくみにもいいので

気持ちも体も不安定になりやすい妊娠中にもおすすめです。

まとめ

というわけで、

小さな子供でも使える

ハロウィンおすすめアロマオイル

いかがでしたか?

毎日子育てに奮闘するママたちですが、

『小さな子供がいたって

子供たちに仮装させて

ハロウィン・パーティーで盛り上がりたい!!』

ですよね。

陽気で楽しいパーティーの雰囲気を

アロマオイルで後押しできれば

と選んでみました。

ぜひぜひ今年のハロウィンの

参考になればうれしいです^^

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。