【まとめ記事】新月・満月の星読み~その都度更新していきます♪

1番最近の新月記事はこちら

1番最近の満月記事はこちら

春分・夏至・秋分・冬至の最新記事はこちら

以下、月について語ってますので

興味のある方はぜひどうぞ♪

スポンサーリンク

新月って何?どういう意味があるの?

新月って

子どもの頃、理科で習いましたよね。

太陽と月が重なって、

月の光が見えない

真っ暗闇の日になります。

占星術では、

太陽は人生の目的、

月はありのままの自分、

を表すとされています。

月は受けとることしかできない天体でもあるので、

太陽と重なった時に

太陽の目的を

月に植えつける、とも

言われています。

月は真っ暗闇の状態から、

満月に向かって

丸く満ちていきますよね。

ですから

新月はスタートです。

新月は約28日で1回起こるので

この約28日間を1つのターンとして、

何かをスタートさせるのにいい日なんです。

新月の願い事とかも、定着してきましたよね。

やりたいこと、なりたい自分、どんどん願っちゃいましょう!

満月って何?どういう意味があるの?

満月はご存じ、

まんまるお月様です。

藤原道長の句のように、

満ち足りた印象もありますよね。

満月の日にお財布をフリフリすると

金運アップなんていいますしね。

占星術では、

太陽の180度反対側に月が来た日が

満月です。

満月は新月でスタートを切ってから、

約14日後に起こります。

新月で始めたことを完了させるタイミングなんです。

何かが完成するかもしれませんし、

何かが終わるかもしれない。

何かを捨てたくなるかもしれない。

新月でスタートさせたことをなんらかの形で仕上げるような、

そんなタイミングです。

この満月でいったん仕上げたものを、

次の新月のスタートラインがやってくる

約14日間の間に、

やり直したり

新たなスタートの準備をしたりして

次の新月に備えます。

春分・夏至・秋分・冬至って何?どういう意味があるの?

春分・夏至・秋分・冬至…

春分の日と秋分の日は休日だったり、

冬至の日は柚子湯に入ってカボチャ食べたり…

そんなイメージですよね?

占星術では

春分→牡羊座

夏至→蟹座

秋分→天秤座

冬至→山羊座

に、太陽が移動をするタイミングなんです。

牡羊座は始まり、新年、お正月

蟹座は心の奥底…、精神面での頂点、

天秤座は社会デビュー、

山羊座は社会での頂点…

を表します。

それぞれ

牡羊座→誕生、ありのままの自分

蟹座→家庭

天秤座→結婚やパートナー、お客さん

山羊座→社会での頂点

ですので、

人生において特に重要な場所なんです。

そして、季節の始まりでもあります。

それぞれのホロスコープを読むことによって、

約3ヵ月間の運勢、

春分は特に1番大事で、どんな1年になるかを見たりもします。

まとめ記事のまとめ

いかがでしたか?

昔は今の太陽暦ではなく、

月の満ち欠けをもとにした

太陰暦を使っていましたよね。

新月・満月の意味を知ることで

今の太陽暦のカレンダーの何月とかではなく、

新たな生活リズムに気がつくかもしれません。

また占星術では春分を新年の始まりとすることも一緒です。

カレンダーとはひと味違う

自然の流れを感じるかもしれませんね。

ではでは、引き続きこのブログをお楽しみくださいませ~^^

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。