子育て専業主婦でも社会に認められるには?

専業主婦のみなさん、

達成感や認められたい気持ちってありますか?

私は2児の子育ても、

家事もしていますが、

達成感てないんです。

前は販売業で、

「予約をいくつ取れた!」

「何を何個販売した!」

って

達成感とともに

目に見える結果を出すことで

周りにも仕事を認めてもらえたような気がして

とても嬉しかったのを覚えています。

そして今、そんな感覚にとても飢えている自分がいます。

あなたはどうですか?

スポンサーリンク

子育てと家事の両立に行き詰まり…自信喪失

もともときちんとした人間ではないですが、

子育てと家事の両立に悩む毎日です…

子育ては、

子どもになにか心配ごとがあると

「私の子育てがダメなのかも…」と

思うし、

2歳になる下の子がいると、

本当に家事がままならなく、

ご飯作るのも大変。

作ったご飯を食べてくれなくて大変。

でもお腹すかせて泣くので

何なら食べてくれるか

模索しながらの毎日3食の食事が大変。

掃除は特に食事の場面ですよね…

毎回食べ終わるまで気が抜けません。

なんでも思い切り投げるから。

おもちゃの片付けも果てしないですしね…

そんな毎日をなんとか暮らしていても、

子どもの成長が遅いとか、

心配ごとがあると

その子のペースがあるとはわかりつつも

やっぱり「私の子育てもなにかいけないのかな…?」

と考えてしまい、

自分で自分に

「私は子育てができない」

とレッテルを貼ってしまいます。

家事だってそう。

ズボラな性格も手伝って、

「私は家事もうまくできないし、

子育てとの両立もできてないなぁ…」

また自分に「できない人」のレッテルを貼っちゃう。

そんな時がありました。

「誰だって、誰かに認められたい」それって他者依存?

マズローの欲求段階説は

有名ですよね。

1.生理的欲求(食欲・睡眠欲・性欲)

2.安全欲求(安全・安心に暮らしたい)

3.所属と愛の欲求(何かに所属したい、愛をもって受け入れられたい)

これらの欲を満たした次の欲求が

4.承認欲求(誰かに認めてほしい)

です。

確かに、この考えって

他者依存的な感じがします。

よく

「周りに認めてもらうことでしか自分を評価できないと苦しい。

まず自分で自分を認めてあげよう」

というような考え方がありますが、

まぁ理解できる部分はありつつ、

だけど他者に認めてもらうことも必要だと感じています。

「他者に認めてもらえないと自分を評価できない」

ってのが問題なだけで

自分で自分をある程度評価している前提の話なら

また違ってくるのではないでしょうか。

なんせ人間は社会で生きる生き物。

よっぽど振り切らない限り、(無人島で自給自足のひとり暮しとか)

ひとりで生きていくことはできません。

やっぱり人間、自分以外の誰かに認められたい生き物なんだと思います。

こんなこと考えるのは

太陽が天秤座に入ったからかもしれませんねw

【関連記事】

太陽が天秤座にある時期におすすめの行動は…人と関わること・センスを磨くこと

子育て専業主婦だって認められたい…それがマウンティングにつながっている?

最初に書いた通り、

子育て専業主婦の現在、

なかなか

誰かに認められているという実感は薄いです。

考えたら、

ママ友同士のマウンティングも、

承認欲求の裏返しというか、

誰かに認めてほしいけど認めてもらえない。

だから、自分以外の人を下げて

自分を高く感じようとする

「自己評価が低い」状態

「誰かに認められたいけど認めてもらえない」状態

が潜んでいるようにも思えます。

それに、

私も人のこと言えませんが、

周りの子どもと比べて

自分の子ができないことを見つけて落ち込んだり、

逆にできることを見つけて自慢したり、

自分の子どもの評価で

認められようとすることもありますよね。

家事もそうだし、

いつもおしゃれな服着てるとか

家がどう…車がどう…

とにかく女同士は

密かなマウンティングが

あちこちで繰り広げられていますよね。

その事自体はそこまで悪いとは思いませんが、

度が過ぎて

分かりやすく下に見られているとか

自慢話ばかり…というのは

ちょっとめんどくさいですよねw

子育て専業主婦が認められるには?

では子育て専業主婦が

認められるにはどうしたらいいのでしょうか?

それはやっぱり「目に見える結果」を

出し、

それを誰かに認めてもらうことにつきますかね…

手っ取り早いのが

仕事をする事ですよね。

働いたぶん、お金がもらえるし

それもひとつの評価といえます。

私も以前、

webライターやってたときがありましたが、

専業主婦を数年していて、

かなり久しぶりのお給料だったんです。

やっぱりとても嬉しくて。

それって、買い物してポイントが給料と同じだけたまったとしても、

ありがたみって全然違うと思うんです。

仕事をして、その仕事を認められて

お給料をもらえるわけですから。

現在はこちらのブログで、

少しずつ…収益が発生していますが

それが本当に嬉しくて。

ささいな金額であっても。

今はwebライターしてたよりもっともっと低い額ですが、

コツコツ収益が伸びているのは

やっぱりやりがいになります。

今、専業主婦でwebで仕事されてる方、ほんとに多いですよね。

ズバリ、子育て専業主婦が仕事をするには

クラウドソーシング(webライターやデータ入力など在宅で行うPC仕事)

私がやっている

ブログ運営

っていいと思います。

外で働くって、

結構大変ですよね。

子どもいるだけで、

面接たくさん落とされるなんていいますし、

私には頼れる親も側にいない。

それにブランクあるから

仕事がつつがなく勤まるのか不安ですし

しかも今は軽いうつですし…

とはいえ、

仕事にするには

どちらもかなりの時間をかけて

実力を身につけていかないといけないんですけど…

もし、今すぐ働いて稼がなくちゃいけないという状態でないなら

コツコツブログを育てていくのも楽しいです。

まだまだ満足のいく域には達してないけど、

PV(ページ閲覧数)が伸びていくのに嬉しくなったり

収益が発生していることが

本当に嬉しいです。

子育て・家事の合間に出来ますしね。

そんなわけで家を空けられない専業主婦には

在宅仕事、というのもひとつかなぁと

思っています。

まとめ

専業主婦って

ほんとにある意味辛いです。

ストレスや鬱が多いのは兼業主婦より

専業主婦って言いますしね。

子育てにも家事にも

行き詰まった私は、

webで細々とでも

お金を稼ぐということをすることで、

忘れていた

誰かに(多分社会に)認められて

お金がもらえるという感覚を思い出しました。

これはこれでブラック企業以上の!?

働いたぶん稼げない、という現実は

確かに…ありますが。

それでも好きなこと書いて、

少しでもお金がもらえることが

本当に嬉しいのです。

今はネットも発達していて、

webで在宅仕事だってできる!!

私のように、

社会に認められたいけど

外で働くのはハードルが高い

子育て専業主婦さん、

在宅仕事も選択肢のひとつになると思いますよ。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。