クレヨンしんちゃん作者臼井儀人先生のホロスコープ

最近子どもをダシに

『クレヨンしんちゃん』のDVDを借りてきちゃうくらい、

『クレヨンしんちゃん』好きになりました。

なんか、『クレヨンしんちゃん』観てると育児エッセイ見ている感じで、わかるわかる~!って思えるんですよね。

それとは別に

「いや~こんな幼稚園児嫌だわ~笑」なお笑い要素もたくさんで

どーにも惹き付けられちゃうんですよね~。

それが26年もアニメ放送が続くポイントなんでしょうか…

中でもみさえさんのズボラっぷり、

わかりすぎてわかりすぎて…笑

みさえさん大好きですわ~。

【関連記事】

意識低い系ズボラ主婦共感!クレヨンしんちゃんみさえが素敵すぎる件

そこで作者の臼井儀人先生のホロスコープを見てみました。

スポンサーリンク

臼井儀人先生のホロスコープ

臼井先生は

太陽も月も牡牛座!

コツコツじっくり物事に取り組む

職人肌の人だったんですかね~。

登山が好きだったというのも、牡牛座っぽいですね。

そして太陽とドラゴンテイル合(しかもタイト→影響大ということ)に納得!

ドラゴンテイルというのは

どこか変わってるもの、異質なもの、一般的でないものを表すのです。

『クレヨンしんちゃん』主人公しんちゃんの

おねーさん大好き、お尻だしてブリブリやっちゃうキャラクターがまさに、ドラゴンテイル的と思いました。

(最近極度の人見知りっ子だった上の子が家でお尻だすようになりました…まじカンベンしてくれぃ)

臼井先生は連載の期日はきっちり守る方のようで、

不慮の事故でお亡くなりになったあとも

すでに書いていた原稿で

連載が続行でき、

さらに遺稿もでてきたとか。

そんなエピソードも納得のなかなかすごい配置をお持ちです。

想像の世界はものすごく果てしなかったんだろうな~

アイデアはとても豊富だったんだろうな~

と思いますし、

自らをきちんと律することができますし、

しかもとてもタフでなにかに立ち向かうときの

集中力と底力はすごいものがあったと思われます。

それでいて、そもそも多分器用な方なんですよね…おそらく。

今もアニメ放送が続く『クレヨンしんちゃん』を産み出した方というのは

やっぱりすごい方だったんだな~と思った次第です。

また月の位置がわからないのは残念なのですが、

魚座の金星ノーアスペクトというのが

はかなげで優しくて

どこか現実味のない

ななこさんのようだな~なんて

思いました。

金星は好きな女性のタイプを表すので

ななこさんのような方が臼井先生のタイプだったのかも^^

また人間関係はわりとひっそりしていて

人当たりもどこかミステリアスなところがあったかもしれませんね。

顔出しNGであったというのも、

作者は影の存在で、というお考えがあってのことのようですが

「作者たるもの」みたいな理想があったのかもしれませんし、

つかみどころのない雰囲気の方だったのかもしれません。

一方声だけの仕事はよくされていたようですね。

牡牛座と言えば声がいい人が多いとかいいますし、

いったんしゃべり出すと鋭いところをついたり、

でも決してでしゃばるようなこともなく、

バランスのとれたお方だったのかな~なんて思います。

場の空気も読めそうです。

ですのでおしゃべりはお得意だったのかもしれません。

ご自身の理想の範囲内でできることは積極的にされていたのかもしれませんね。

まとめ

というわけで臼井儀人先生のホロスコープを読んでみました。

うちの子も毎週アニメ放送を楽しみにしています。

これからも楽しい放送が続いてほしいな~と思っています。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。