プログレス(進行)の太陽は30年程度のテーマを表す

現在私のプログレス(進行)の太陽は

8ハウスを運行中です。

プログレス(進行)の太陽とは

ズバリ

そのときの人生のテーマ。

8ハウスは

受け継ぐもの、遺伝、普段は大切に隠されているもの

なんかを表します。

秘伝、なんて8ハウスっぽいですね~。

8ハウスは

7ハウスで相手を見つけ結婚し、

そのあとの結婚生活であるともいえます。

お互いに歩み寄らないと

生活が成り立たない。

それが時に支配・被支配といったことになっていったりもするのですが

とにかく私は今、

婚家の家風を

自然と受け継いでいっている感じがとてもします。

そんなことを語ってみますね。

スポンサーリンク

私のプログレス(進行)の太陽と月の動き

私のプログレス(進行)の太陽が8ハウスに入ったのは

一昨年。

そこから私の場合は約25年かけて

婚家の人間になっていくのだなぁーと。

夫が次男で

長男が婚家の実家近くに住んでいるので

婚家を継ぐのは長男。

夫は分家ということになるのかな?

なのですが、

ホロスコープで見てみると

家系の精神性のようなものを

夫もとても継いでいるよう。

私も夫の考え方に

「そうだよね~」と思うことが多くて

自然と

義母が学ぶ道に

入っていってしまいました 汗

そもそも

私はプログレス(進行)の月が

上の子を出産した3ヵ月後に

新たな世界への入り口ともいえる

アセンダントというホロスコープの始まりの場所を通過しているんです。

これはおよそ28年に1度のタイミングで

これまでの人生のリセット、新たなスタートという意味があるんですよね。

このプログレス月のアセンダント通過は人によりけりで、

出生の月の位置によって変わってきます。

女性にとって初めての出産は

母親としての新たな人生の始まりですけど、

私はこのプログレス月が初めての出産とほぼ同時にアセンダントを通過しているので

さらに新たな人生のスタートの意味が強まってる感じです。

さらにさかのぼると、

夫の前に付き合っていた元カレと

あーだこーだもめまくった末お別れし、

ショックを引きずっていたタイミングで

このプログレスで新月が起こっています。

しかもパートナー、結婚の7ハウスにて。

これも同じく約28年に1度起こる

新たな始まりのタイミングです。

そのあと夫と出会い、お付き合い、結婚。

ここまでは7ハウスのテーマになります。

そして出産とほぼ同じタイミングで

新たな人生のスタートともいえる

プログレス月のアセンダント通過、

そして同じ年に

プログレスの満月が起こっているのです。

これは何かの完了、終了とか

成果を手にするタイミングといえます。

私にとっての成果ってなんだ?と

考えていましたが

子宝、ということなんですかね~。

子供のいない人生の終了、

子供という宝物を授かり、

新たな人生のスタート。

そんな風にも読めるんですよね~。

そして一昨年のプログレス太陽の

8ハウス入り。

これまでの自分をいったんリセットし、

7ハウスで選んだパートナーと

もっと深いところで

関わり、

自分を変化、刷新するーーーー。

さらに上の子は

これまでの私の象徴ともいえる

私の両親とのあれこれを

鮮明にあぶり出してくれるきっかけを作ってくれたような気がしています。

【関連記事】

親子関係子育てでうまくいかないときホロスコープで相性や縁を知ろう①

そうして今、私は両親との葛藤を

ある程度終わりにし、

夫や婚家の義両親たちと

とても近い関係で

その精神性というか雰囲気というか、

そういうものを

引き継いでいこうという気持ちになっています。

義父もあまり体調がよくなく、

いつどうなるかわからない。

もちろん義母も実両親にもいえることですが…

だからこそ

今のうちに

もっともっと夫と深い話をして、

婚家にも通って、

真似できるものはどんどんしていきたいと思っています。

まとめ

なんだこの

仕組まれたような流れは 笑

振り返ってみると

誰かに私、動かされてたの?と

思えなくもない人生を送っていて

ホロスコープってほんとに

私自身を表しているな~と思います。

面白いですね。

ちょっと語ってみました。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする