9/10乙女座新月の意味~直感・目に見えない感覚を大切にする

9/10 3:02に乙女座で新月が起こりました。

乙女座とは

個人と社会の2つの世界のうち

個人領域の最終段階、

社会デビューの一歩手前を表すサインです。

そのため

「分析」「管理」「調整」

することで、

社会に出ても大丈夫な自分になろうとします。

また社会において「役に立つ人」で

あろうとします。

また新月は

月に1~2度のタイミングで

太陽に月が重なることをいいます。

物事の始まりのタイミングと言われています。

さて今回の乙女座の新月はどんな意味があるのでしょうか?

スポンサーリンク

9/10 乙女座新月の意味

今回の新月は

とても神秘的な感じがします。

自分のすでに手にしているもの

自分で手に入れたもの

誰かから受け継がれてきたもの

それは目に見える部分もありますが

目には見えない部分のほうに、

今回はスポットが当たりそうです。

自分が手に入れ

与えられたもの、

それについて

ご自身のなかにある目に見えない感覚、

直感のままに

ご自身の第六感のようなもの、

洞察力を信頼して

ゆったり考えてみる時間を持つことをおすすめします。

そこで感じた感覚が

物事を大きく進展させるかもしれません。

地に足ついた

しかもクリエイティブな

思考力を発揮できるときですので

ご自身の直感のおもむくままに

実際に行動をされるといいです。

また女性性、男性性

といった性の部分に

光が当たり、

その結果

闇が浮上するかもしれません。

これは決して

苦しむためではなく

過去の変わらなくてはならないものを変え

未来を光にするための

膿だしのようなものといえるかもしれません。

とはいえ、闇に近づかないよう

最大限の用心は必要です。

まとめ

というわけで

今回の新月は

直感、目に見えない感覚を

大切にしてみると

思わぬ好展開を生むかもしれません。

ご自身の直感に尋ねるツール

タロットやダウジングなどをしてみてもいいかもしれません。

これまでより少し

外よりも内に意識が向く

この1か月といえそうです。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。