親子の相性が合わないせい?育児が辛い逃げたい私を救った旦那の言葉とは

義実家に帰省して、

姑から「あまり子どもに『ダメ』って言わない方がいいよ」と

言われました。

このことにショックだったので

いろいろと考えてしまいました。

その事について書いてみます。

スポンサーリンク

姑ってこんな人

姑は子育てに限らず、人生について相談員をしていることもあって

めっちゃくちゃ子育てにも関心が高い人です。

普段あまりうるさく口出す人ではないので、

今まで「こうした方がいいよ」みたいなことは言われたことはあまりありません。

私がどうしてショックだったか

私は、幼少期より怒鳴られてばかりの毎日を10数年送ってきたので

私自身、子どもに対して感情的になりやすい部分があるんです。

親になって4年ちょい、

そこの部分が本当に嫌で嫌で、

そんな自分を変えようと試行錯誤してきた経緯があります。

姑はそのことをハッキリとは知りませんが、私の親子関係のあれこれは、うっすら感づいていると思います。

多くの子育て相談の経験上、親子関係に問題があると、子育てにも苦労しやすい面があるのはよくわかっていると思います。

だから「親を大事にしなさいね。親を大事にすると、自分も子供から大事にされるよ。」等

ちょくちょく、親と仲良くしているかチェックが入るんですよね・・・苦笑

姑自身、子育てでとても苦労したようですし、

孫も、子育てする私も心配してくれているんでしょうけど・・・

私もついつい子育てで感情的になってしまう自分を変えたい、でもなかなかうまくいかない…

そんな部分を指摘されてしまったので

私は、とっっってもやさしくさらっといってくれたのにも関わらず

そのあと密かに涙が止まらない事態になってしまったのでした。

姑の言葉の真意とは

「怒らない子育て」が流行った時期がありましたね。

姑の言葉も、取り方によっては怒らない子育てに通じるところがあるかもしれません。

といっても、私も義実家だしそんなにキツく子どもを怒っていた訳ではありません。

ティッシュを口に入れるとか、

扇風機の裏についていたホコリを食べるとか、

障子を蹴り破るとか、

それに対して、

焦りもあって、つい衝動的に「ダメ!!」と言っていました。

とにかく、1歳10ヶ月の下の子といると、

ぜんっぜん気が休まりません・・・

いつも、「あぁそれだけはしないでほしかった・・・」ということばかり

やってくれるのです。

まぁ、スキを与えてしまった私がダメなのでしょうけど・・・

義実家だから余計に気を張っていて、

ワンテンポ置いて冷静に注意するというのが

全然できてなかったんです。

「いや、このくらいなら全然大丈夫でしょ?」って方も多いかもしれません。

命に関わることではなければ、

ダメなことは冷静に穏やかに「ダメだよ」って諭しなさいね。

それが姑が言いたかった事なのだたと思います。

私の感情が、ほんのすこしでも言葉に入っていたから言われたのだと思います。

ヘリウムの入ったふわふわ浮く風船を子どもに例えてみます。

そこに私の感情が入った言葉がぶつけられます。

感情を入った言葉って、

その焦りや不安や怒りやイライラ…

そんなネガティブ感情が入っているわけで、

それを子どもにぶつけるということですよね。

それって、ふわふわ風にのって浮いてたい子どもを抑えつけて圧迫することに繋がるわけです。

もちろん今回の私の感情レベルでは、そこまでたいそうなことにはならないでしょうが、

積もりに積もって、子どもの中で強い圧迫になるかもしれませんし、

そうやって少しでも子どもに感情をぶつけてしまうことを続けてしまうことで、

余裕がないときに怒鳴ってしまうことにもなるかもしれません。

そんなことに思い至って、

はぁ、ダメ母だよねぇ…

と落ち込んでしまったのでした。

ちなみに、こんな姑の一言で、いつもこんな風に落ち込んで涙が止まらないなんてさすがにありません…汗

今現在軽うつで

心の器がもう一杯で、

感情が溢れてしまったんですよねぇ…

落ち込む私を救った旦那の言葉

そんな出来事が、義実家帰省の最後の最後で起こりまして、

私は帰りの車の中でうわーんと泣いてしまった訳です。

子どもが不安がりますよね。

それを旦那は「ママちょっと疲れてるんだよ」と言ってくれて、

4歳の上の子も

「よしよし」(–、)ヾ(^^ )

してくれました…

こういうところが母としてダメだよなぁ…涙

帰って、子どもたちが寝てから、

夫婦でじっくりと話し合いました。

旦那が言ったことをまとめると

・姑が言った「ダメと言わない方がいい」はそんなに大げさなことではなく、でも、私の解釈(言葉にネガティブ感情が入ってしまうのがダメ)でいいと思う

・私が子育てでものすごく思い悩むのを見ていると、親子関係が大変だと子育てが大変なのは明らかだと思った

・親の子育てが原因なのに、私が子育てで思い悩んでいるのをみるとかわいそうに思う

て、旦那の意見です…

私は初めこそ親のせいにしていたものの、

結局そうしたところで自分が変わらないとなにも変わらないんですよ…

なので私は、親が原因てのもあるかもしれないけど、自分次第でどうにもなる(というかならなければ困る)と思っています…

でも旦那曰く、

「親子関係って最初の人間関係だし、

人としてのベースになっているから

本人が努力しても変わるのは難しい」

と言っていました…

「でもそしたら私は絶望するしかないじゃないか…」

といったら、

「本人も努力するけど、周りが支えていけばいいんじゃないかな」

といってました。

そして続けて言われたことが

「親子関係って、代々の家系のことだから、自分一人で背負わなくていいんだよ」

ということでした。

いや~心に沁みた。

心がスッと軽くなりましたよ。

ずっと、ここ最近は、自分の親子関係を子育てに持ち込んでしまうのは、

自分のふがいなさだと思って、

ちゃんと子育てしたいから、自分でなんとかしなきゃって思ってきましたから・・・

でも、私の受けてきた子育てが

私の家系のなかで受け継がれてきてしまった、

よくない遺産なのだとしたら、

なかなかの重さがありそうです・・・見えないけども。

それを旦那は、一緒に持ってあげるよ、ということだったんです。

いつもおっとりしている旦那ですが、

たまにズバッといいこと言うんですよねぇ。

本当に、救われました。

まとめ

確かに、

最初の親子関係がうまくいかないと、

子どもの人間関係の形成に影響を及ぼしますよね。

もちろん後天的に自分を変えていくことは出来ます。

最初は人と関わるのが上手くなくても、だんだんと人との関わり方って学んでいきますよね。

でも、子育てって他のどんな人間関係よりも濃い関わりじゃないですか。

いくら理性で繕っても

どうにもならないこともあるのではと、経験上思います。

それは親の子育てが関係していて、

どんなにきれいごといったって

実際にそれが原因で子育てに苦労している人はいると思います。

だからこそ「虐待の連鎖」なんて言葉もあるのだろうし。

でもそれを嘆いてたってなにも変わらない。

コンプレックスなど持たない人はいないのと同じように

ハンデのようなものなのだと思います。

苦手なことは人に任せてもいいし、手伝ってもらってもいいんです。

もちろん自分でできる限りやってみてからですけどね。

もし、親子関係がうまくいかなくて、

子どもに自分の親と同じように接してしまって、

そんな自分が嫌で、罪悪感に苛まれているような人がいたら(過去の私ですが)

旦那の言葉で恐縮なのですが

「家系で代々続いてきていることだから一人で背負わなくていいんだよ」

って言いたいです。

親の子育ての影響を

一人ではどうにもならなかったとしたら

誰か信頼できる人に話してください。

て、「誰も信頼できない~!!いってもわかってくれない〜!!!」と

一人抱え込んでいた私が言いますよ 汗

自分が嫌で仕方がないほど、

誰にも相談できませんよねぇ…

こんな自分、誰にも知られたくないって思っていましたもん、私も。

でも、みんなそう思っているだけで、

意外と親子関係に問題を抱えていたり、

幼少期、淋しい思いをしたりして

それを親になった今でもひきずっている人いますよ。

程度の差はありますけどね。

私も自分が少しずつ少しずつ、

「ここまでなら言ってみようか」を繰り返していったら、

「私も私も!」

ってママに何人も会ってきました。

勇気をもって、ご自分の体験を発信される方もいました。

私は共感しすぎてただただ涙が流れました。

自分のことを話すだけでも、

とても楽になると思いますし、

カウンセリングを受けたり、

ヒーリングを受けたり。

信頼できる保健師さんに話してみるとか、

子育てセミナーに出てみるとか

ママ友を作ってみるとか…

やり方はたくさんあります。

私は、誰も信頼できなかったから 笑

自然と自宅でできて、

あまりお金もかけたくないから

お金をかけないために

西洋占星術を独学して自分を分析してみたり、

フラワーエッセンスを使ってみて

「心の癒し」を体感しました。

そうやって、自分で自分を癒すことをして、ある程度心が元気になってきたから、

今、さらに癒しを進めるべく

子育てセミナーに通ったり、

ママ友交流を頑張ってみたり、

できるようになりました。

それまでは、人と比較しちゃって

私ダメって自己嫌悪になるのが疲れるから

外には行けませんでした。

私のように、人を信用できない方は、

まず、自分で癒すセルフヒーリングってとこから始めてみるのもいいのではないでしょうか。

子育てって、まだまだ長いですよね。

ひとりに20年、かかるわけですから。

だから、普段から

心のセルフメンテナンスとして、

何らかの方法を身につけておくのは

絶対いいと思うんです。

というわけで、

私の場合はなんですけど、

こんなことしてきました~の記事です。

よかったらどうぞ。

【関連記事】

毎日つらいから毎日楽しいに変化するために必要なこととは?

フラワーエッセンスが子育てママにおすすめの理由

育児疲れでやる気がでない!そんな私を救ったフラワーエッセンス2つ

私が何に悩み、どんなフラワーエッセンスを使ってきたか

一緒に頑張りましょうね。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする