子育てで公園は必須?ママ友が苦手でも大丈夫!子供と向き合う方が大事!

未就園児を子育てしていると、

公園に通うママさんも多いのではと思います。

なかには天気が良ければ毎日のように通われるママさんもいらっしゃいますよね。

私はというと、子どもが人見知り過ぎたり、私も公園が苦手だったりもして

引きこもり主婦だった時期もあるくらいなので

毎日のように公園に通うママさんは

本当にすごいなぁと思っています。

それにたいして自分は…と、

公園に毎日連れていけない自分に罪悪感と母親としての自分に自己嫌悪を抱いた時期もありました。

でも本当は、公園に毎日行かなくてもよかったんです。

そんなことを書いてみます。

スポンサーリンク

そもそも公園に通う理由は?

公園に通う理由はたくさんありますよね。

子どもも家の中ばかりじゃストレス溜まっちゃうだろうし、

外遊びでしかできないこともありますし。

お外で動き回ることで、体力つくし、夜はぐっすり寝てくれますしね。

それが成長に繋がっていきますからね。

また小さな社会の場でもありますよね。

お友達と遊ぶ機会になりますし、

ママ同士の情報交換の場にもなりますよね。

ですから、公園に通うことは

子どもの成長に不可欠とまではいかなくても、

多くのメリットがあることは確かなのだと思います。

だから私も、特に引きこもり主婦の時に、平日あまり公園に連れていってあげてなかったことを後ろめたく思っていました。

土日は家族で公園、よくいってたんですけどね。

それでも平日毎日のように公園遊びをする事って、土日だけなのとでは経験の量が全然違ってきますよね。

そんな自分、ダメ母だなぁ…って思っていました。

毎日公園に通うママ、実は淋しかった子ども

ここで、

私の知り合いの実際にあった話をしますね。

そのママは午前も午後も、必ず外出しています。

午前中は買い物とか、ママ友と子連れで会ったりとか、用事のあるときもありますが、

用事のないときは、

支援センターに連れていったりとか、

子どもが遊べるところに連れていっているようです。

午後は大体公園に。

そんな風にしているから、

そのママの子どもも活発で、

人見知りもせずに、いろんなお友達と遊んでいました。

元気でいいな~なんて思っていたのですが…

その子、うちに遊びに来ても、

うちの子には話しかけずに

私にばかり話をするんです。

「この靴はね~ママに買ってもらったの。可愛いでしょ?」

とか

「お姫様の絵を描いたの。色はピンクにしてみたの。いいでしょ~」

とか…

私も、

「うんうん、そうだね。」

「可愛いね~。」

「上手だね~。」

そんな風に返していました。

その子はさらに、

私の子どものアラを探してくるんです。

幼稚園でもらった夏のワークで

毎日シールを貼っているのですが、

そのなかの1ヶ所だけシールがずれていたのを見つけて、

「○○ちゃん(うちの子)がシール貼ったの…?あ~ぁ、ずれてるよ~。」

とか他愛もないといえば他愛もないんですが…

そのアラ探しもずっと続くので、さすがにうちの子が可哀想で、

「○○(うちの子)もこれとっても上手!△△ちゃん(その子)もふたりとも上手だね~」

と、その子のフォローも入れつつ、うちの子を褒めてみても、

「え~!○○ちゃんは上手じゃないよ~。

私はこんなに上手に書けたんだよ!」

って、うちの子を思いっきり落としてくるんですよ……

そして私を褒めて!!と。

ふたりとも4歳です…

まだうちの子は、細かくあら探しされてるのにあまり気づいていません。

その子とも楽しく遊んでいます。

だけど、その事があってから、

やたらとその子がうちの子と遊びたがる理由が分かりました。

いろいろあら探しして発散しても、うちの子はあまり分かってないから。

あら探しでうちの子を下げて、自分は上でいられるのです。

そしてその子の方が活発にいろいろできるので、自分のペースで遊べるからです。

うちの子はおっとりしてるので、

お友だちのペースに巻き込まれても、

それはそれで経験だし、

あまりに酷いことにならなければ別にいいかなと思っていました。

でも今回のはさすがにちょっと酷いなぁ…と。

まぁうちの子はわかってませんがね。

で、そんなことに気づいて、

その子の途方もない淋しさに、

そして、その子がうちの子を細かくあら探しするように、

その子もおうちでママに細かくしつけられているのかな…

さすがに細かすぎやしないかい?…と

少し切なくなりました…

おそらくズボラダメ母ダメ主婦の私と違って、

きちんとした真面目なママなのだと思います。

その子のママも、

毎日のように公園に連れていって、

子どものために頑張っているのかもしれません。

それも大変なことですよね。

子どものためにすごく頑張っているんだと思います。

だけどもしかしたら、

遊ぶ場所と機会を毎日一生懸命作っても、その子の欲しいものは何でも買ってあげても、

その子の話を聞いてあげたり

その子と向き合ってあげることが

実は出来ていないのかもしれないのではないか…と思いました。

子育てに正解なんてない!大切なのはどれだけ子どもと向き合ってるか

このお友だちの出来事は、

本当に驚きました。

その子のママはとても子どものことを思っていて、子育てを毎日頑張ってるのだと思っていたからです。

でも、私も全然ダメ母ですし、

世の中に完璧なママなんて多分いません。

ママも子どももひとりひとり違いますし、

正しい答えなんてないのですから。

その子のママも、

今、ちょっとしんどくて、

たまたま子どもと向き合えていないだけなのかもしれません。

子育て専業主婦だって、

子どもと真正面から向き合おうとすると

本当に忙しいし大変です。

私も子どもが寝て、さぁ自分の時間♪というときにはもう、疲れはててテレビすら観る気になれない…くらいしんどい日もあります。

そんなときに、今日の自分の子育ての反省会をして、いちいち振り返ってるパワーは残ってません。

何か問題があったら別ですけど…

だけど、それでもたまには、

「私の子育て、これでいいのかな?」

「今日の子どものあの反応は、何かのサインかもしれない。なんだろう?」

そんな風に謙虚さを忘れずに自分を振り返ってみることも大切なのだと思いました。

自分一人だと、「疲れてるから寝ちゃお~」になりがちですから(私はw)

子育てセミナーに、積極的に参加してみるのもとてもいいと思いました。

子育てセミナーは、結構「いいっぱなし、聞きっぱなし」で、ここでの話は外に漏らさないことがルールってとこ多いですよ。

だから、言いたくないなら当たり障りないこと言ってもいいし

でも他の人の話を聞いていたら、ものすごく共感して泣けてきたとか

そんなこともあります。

でもできたら、今の自分の気持ちを言葉にしてみると、

新たな発見があったり、

めっちゃくちゃ心がスッキリしたり、

するかもしれません。

知り合いのいない子育てセミナー、おすすめです!

まとめ

そんなわけで、

子育てって本当に難しいですよね…

ずっとうまくいくことなんて絶対ないし、

ずっとうまくいかないことばかりなんてこともないのだろうと思います。

私だって、

自分が気づいてないだけで、

周りから見たら

「こうしてあげたらいいのに…」って思われてる子育てをしてしまっているかもしれません。

それも仕方ない部分もあるのだと思うのは甘えなのかもしれませんが…

でもなにが成功でなにが失敗かなんて、

わかるわけありません。

だから、子育ても山あり谷ありでもいいんです。

自分を大切にしてもいいんです。

だけど子どもときちんと向き合う時間も必要なのだと思います。

「自分の子育て大丈夫?」と、常に疑問を持つことも。

人を育てるって、本当に人生の大仕事。

子どももひとりの人間なんです。

それを尊重してあげるべきなのだと、

今回の出来事を通して

改めて気づかされました。

だからね、過去の私のように

ちょっと公園苦手なママもいらっしゃるかもしれませんし、

なんらかの理由で公園に連れていってあげられないママもいらっしゃるかもしれません。

だけど、ほんとはそんなことよりも

子どもときちんと向き合うことのほうが実は大切だったんです。

だから、必ずしも毎日のように公園に通う必要はないんです。

変に罪悪感持たないでくださいね。

そのぶん、子どもの話を聞いてあげて、

子どもと遊んであげましょ。

そっちの方が、子どもが求めていることなのかもしれませんよ。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。