人に会いたくない!産後半年からの無気力引きこもり主婦を脱出するまで

未就園児(0〜3歳)を家で育てていると、

人に会いたくない時期ってありませんか?

私は全く人と会わなかったわけではありませんが、

1年ぐらい外出を頑張った時期を除いて、ほぼ人に会いたくなかったです・・・!

産後半年頃から、私は少しづつ産後の「何がなんでもやらなきゃ~」な頑張り、踏ん張りがきかなくなってきて、8か月頃から2歳いっぱいくらいまで子供の人見知りに悩まされ…外出が怖くなり引きこもりに。

人に会いたくないのって大人として恥ずかしい事?

子供が可哀想?

そんなことありません!!

子育て専業主婦が「人に会いたくない理由」について考えてみました。

また無気力引きこもり主婦だった私が、普通に人と会えるようになった理由から、

人に会いたくない引きこもりママ脱出のために必要なことについても考えてみました。

「人に会いたくない」子育てママさんが、「それでもいい」と思ってもらえたら嬉しいです。

では、はじまりはじまり〜

スポンサーリンク

産後無気力引きこもり主婦になったワケ

私が、産後に無気力で引きこもりになったワケ・・・

確かに、もともと人見知りだし、コミュニケーションも下手くそだし、

「人と会うのが大好き!」という性格だったわけではありません。

でも、時々生きづらさを感じつつも、

「人が怖い」とかはなく、

人と会う場面でも嫌がることなく普通にできてました。

ではなんで私が無気力で引きこもりになったのか・・・

ズバリ

子育て主婦って大変!

これに尽きると思うんです・・・

当たり前すぎますか?

もう聞き飽きた言葉かもしれませんよね?

もしくは「家事と子育てしかしてないのに大変なんかじゃないでしょ?」と

思われる方もいるかもしれません。

子育て主婦って大変なの?

では次に私が思う子育て主婦の大変なところを挙げてみますね。

大体毎日やることが同じ・・・飽きてきませんか?

子供の世話で気が抜けない・・・積もり積もると地味にキツイです

子供がいる時の家事が一人でやるより大変・・・特に精神的に疲れませんか?

大人と話せない・・・唯一の話し相手の旦那さんとも満足に話せないってことありませんか?

ほっとできる時間が無い・・・ほっとできる時間て睡眠時間とイコールじゃありませんか?ほっとできても無意識だし、みたいな。

ずっと家にいる・・・家にいることが多いですよね。子供がいると思うように外出出来なかったりするのでそれだけでもストレス溜まります。あと子供の泣き声を気にして、窓を開けられないのがキツかったです。外気に触れるだけでも、結構ネガティブ思考治ります。

成果・達成感がない・・・だって部屋片付けてもすぐにまた散らかされるし・・・ご飯はべ〜されるか、テーブルや自分の顔にこすりつけるし・・・子供のお腹がたまるまで、何なら食べてくれるか頭ぐるぐるにして考えて・・・そうしてるうちにご飯プレートひっくり返されたり・・・涙 また育児書より成長が遅かったりなんかして、必死に積み木積むのとか指差しとか練習してみるけど、そう簡単に成果なんてでません。家事だって子育てだってお金もらえるわけじゃないですし、しっかり出来てないと私の存在価値は・・・?なんて考えてしまいます。

どうでしょう?

あてはまるところありますか?

これらのことについて、無気力引きこもり当時の私に言っても、

「わかるけど、別にそんなに大変ってもんでもないんじゃない・・・?」

と言っていたと思います。

でも、これは人によるのかもしれませんが、

少なくとも当時の私にとっては

めっちゃくちゃ大変!!

人生で一番今が大変!!!

なのでした。

当時の状態から抜けだしてみたらようやく、

「あぁ、自分で思っていたよりも大変だった・・・」

と気がついたのです。

やっぱり、同じことの繰り返しは地味にキツイですし、

ずっと気を張っていて自分の時間が持てないこともキツイ。

きちんと子育てできてます!なんて程遠い状態で、

毎日ダメな自分に自己嫌悪、子供に罪悪感・・・

そして、「つらいよ〜」と愚痴を聞いてくれる相手もいないわけです。

節約もしなくちゃだし、たまりまくったストレスを発散する時間と場所がない。

そりゃ〜病みますよ。

なんていうか、子育て主婦の辛いところって

目に見えないですよね。

旦那さんのように、毎日仕事してお金を稼いでいるわけでもないし、

社会で認められるようなことなんてない。

毎日必死に家事したって、すぐ部屋は散らかるし、達成感なんてしばらく感じてない・・・

旦那さんに「ありがとう」なんていってもらえるわけでもないし。

子育てやってても、何かが「できるようになった」って喜ぶのもほんの少しの間で、

実際には「あれができない」「これができない」って、悩むことのほうが多くないですか・・・?

目に見える成果なんてあまりなくて、

でも子供を思えば、悩みはどんどん増える一方・・・

さらに「気を抜けない」「何をやるのも大変」「ストレス発散できない」のが

心の疲れを静かに静かに、ためていってるんです・・・

だから今から思えば、

私、自分がどのくらい大変なのか、気がついていなかった。

まぁ、自分自身をゆっくり振り返る時間もなかったのだから当然です。

世間的にも、認められにくい子育て専業主婦。

でも、だからみんな大きな声で言えないだけで、

大変だと思っている人たくさんいます!!!

もし、「家事と子育てしかやってないのに、大変だなんていえない・・・」

そういう人がいたら、

いや、家事と子育ての両立は大変です!

と、伝えたいです。

大変さに本当の意味で気がついていなかった私・・・自分ケアを放置してたらこうなった

自分の育児に自信が持てなくなってくる→自己嫌悪でいっぱい

一人で毎日育児やっていると、

やっぱり考えが狭くなってきます。

夫が帰宅後相談したりするんですけど、

今思えば「視野が狭くなっているな」と気が付くんだけど、

当時は夫のいってることが全然理解できなかった・・・。

ネガティブ方面に凝り固まってくるんですよね・・・

で、自分が視野が狭いことに気が付かないから

育児もうまくいかないことのほうが多くなっていって、

「私って子育て向いてない・・・」と思うようになりました。

子育てがうまくいかなくて、

でも私の仕事はといえば子育てと家事しかないんですよ〜涙

家事だって、子供がいると思うようにいかなくって

もう「起きてる間は自分の苦手なことしかしてない」状態なんですよ・・・

もちろん仕事だって壁にぶつかるときはあると思うんですけど、

よほどのブラック企業でないかぎり、

睡眠時間以外は壁にぶつかっているって、あまりないと思うんです。

休日だって、夫がいても家事・育児は続きますし・・・

常に壁にぶつかっていると、

「私にはできない」ことだらけなんですよ。

どんどん自己嫌悪になって、できない自分を責めます・・・

病んでくる・・・

自分を責め続けると・・・

いや、ほんと病んできます・・・

どんどん何もやる気が起きなくなって、

子育てが義務化しちゃって、楽しい気持ちがなくなっちゃうし・・・

部屋は散らかり、朝食の時の使ったお皿が夕食の支度の時まで放置とか・・・

横になる時間が増えていって、

完全に育児ノイローゼでしたね。

育児ノイローゼで苦しむ日々

そんな感じで育児ノイローゼになってしまった私です。

このとき病院にはかかってませんが、後で病院にかかったときにその頃の話を先生にしたら「育児ノイローゼだね~」と言われました。

さすがに夫も、ほんの少しヤバいと思ったようです。

私ひとりの時間を作ってくれたり、家事を手伝ってくれたりということはやってくれました。

でもそれよりも、早く病院に行っていれば…と今は思います。

私も、子どもを預ける一時保育先を探して、面接をして、予約して、

心療内科の初診の予約もして2ヶ月待ち…

が、できなかったんですよ。

もう子連れで外出する気力もなくて。

このとき、病院に行っていればもっと早くよくなったかもしれないと、少し思います。

でも、私は気力も思考力もなくて、

ただ毎日どうにかやり過ごすしかできなくて、

夫に病院に連れてってほしいというということも出来ませんでした。

夫も、私がそこまでヤバいとは思っていなかったようです。

そんなわけで、病院には行かずに、

私はフラワーエッセンスなどの自然療法を使ったりして、

少しずつ少しずつ、

心を癒していくことになります。

フラワーエッセンスとの出会い

フラワーエッセンスとの出会いは、

「とにかく外出するのがしんどいの!

このしんどいのを家にいてお金もあまりかけずになんとかしたい!」

と思っていたところからでした。

なんとなーく検索していたら出会いました。

心を癒してくれるという不思議な液体、フラワーエッセンスに…

フラワーエッセンスに関してはこちらをご覧くださいね。

フラワーエッセンスが子育てママにおすすめの理由

フラワーエッセンスって何でできているの?どうやって使うの?

フラワーエッセンスとアロマテラピーの違いとは?どのように使い分けたらいいの?

最初のフラワーエッセンスは何を飲んだのか?どうしてそれを選んだ? その反応は?

こんな感じで、だんだんと不思議な液体フラワーエッセンスに心を癒されていったんです。

西洋占星術との出会い

フラワーエッセンスより少し早く、

西洋占星術に出会いました。

「自分てなんでこうなのよ!!」と思い、無料の占いをやりまくっていたとき、

なんか占星術って当たるかも…と思い、興味を持ちました。

ですが、こちらは学習していかないと、なかなか知りたいところが読めなくて、

自分てどうしてこうなのよ?の疑問にある程度答えが見つけられるまでに時間がかかりましたね。

占い師さんにみていただくのもいいんですけど、相性ありますし、

なるべくお金をかけずに、なるべくたくさん知りたいの!とか欲張りなこと思ってたら、

自然と学習するべく本を中古で購入、となりましたね。

西洋占星術を知って、ある程度自分のホロスコープを読めるようになってから思ったことは、

「あぁなんてダメな自分そのままなんだ!

状況も結構辛いが、一生に一度レベルの配置だからではないか。

あぁ、私はダメな自分にも、状況の辛さにも悩み苦しんでも良かったのだ…」

と思いました。

ダメな自分がホロスコープにあるから、それならしょうがないじゃん。

今しんどい運気でも、いつかはそれも落ち着くし、これが私の課題なのだから頑張ろう。

そんな風に思えたのですよ。

(今はさらに、ダメなままではなく、もっといいふうに天体をつかえるよう試行錯誤中)

今の自分を、そのままでもいいなぁといい意味で受け止められたのは

本当に大きかったです。

変に自分を責めることをやめたら、

心がずいぶん楽になりました。

心が元気になったら、外に出るのも、人に会うのもだんだんとできるようになってきた

フラワーエッセンスを使いながら、

自分の心を癒し、

西洋占星術を勉強しながら

自分を受け入れられるようになり、

こんな自分もあるんだ~と新たな発見をしていくと、

気づいたら、ずいぶん心が元気になり、

子育てに悩みつつも、それでいいやと思えて余裕ができてきました。

そこまできてからです。

人と会うのが全然平気になって、

できることが増えていきました。

人と会うようになると、それはそれで新たな悩みも出来ますが、

前よりは自分と他人の境界線がしっかり引けるようにもなりました。

人との境界線を引けるようになるのには

フラワーエッセンスがほんとに手軽でした。

FESヤロー環境フォーミュラ体験談

またいろんな人のホロスコープを読んでいくことで、

みんな違って、みんないいんだなぁと素直に思えるようにもなったんですよね~。

ホロスコープも同じものでもポジティブにもネガティブにも読めますから。

自分を受け入れられるようになったら、人のことも前よりずいぶんと受け入れられるようになってました。

これってとても大きな発見でした。

まとめ

そんなわけで、

引きこもり主婦だった私が

引きこもりを脱出できたのは

「そのままの自分でオッケー」

だと、自分を受け入れられたことが大きかったと思います。

そのために、フラワーエッセンスは自分のオーラを磨き、

ポジティブに感じられるようにしてくれましたし、

占星術は、自分と人の多様性を感じられ、またしんどい時期だから仕方ないと、悩んでる自分もオッケーに思わせてくれました。

結局、そのままの自分を受けとめてあげられたことが、

家庭も子育ても親子関係も対人関係も、

みんな楽になれるきっかけになったのだと思います。

そんな私の引きこもり体験談でした。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。