6/14 双子座新月の意味~不要な物は捨てもっと本質的な自分になる

関東もいよいよ梅雨入りしました〜。

新月から遅れての星読み記事アップです~(T-T)

なんか梅雨って心もジメジメしますよね~(。´Д⊂)

スポンサーリンク

6/14 双子座新月の意味

6/14 4:44 双子座で新月が起きました。

今回の新月は、アセンダントといわれる

「ホロスコープの入り口」

付近で起きています。

この「ホロスコープの入り口」アセンダントも

双子座です。

アセンダントの近くには、他にも

双子座から蟹座に移動した水星もありますね。

水星は双子座の支配星です。

そしてこの水星は新月の月と密接な関係をもっています。

水星のいる蟹座は月のホームグランド。

月と水星がお互いの本拠地にいるので、お互いのことを意識しているのですよね~。

とても双子座、水星が強調された配置になっています。

しかもこの新月が起こるのも、

双子座のエネルギーが最高潮の双子座23度。

この度数は、

たくさんの情報を集め、あちこちを動きまわり、

自分を取り巻く世界への見聞を深め、

自分の知的能力を伸ばしてきた双子座ですが、

さすがに疲れますよね・・・

だから、本当に必要なものと、そうでないものをより分けようとします。

そんな場所。

この半月の間、

様々な情報がもたらされ、または自分で集め、

あちこち出かけてみようとフットワークが軽くなった人もいたかもしれません。

ですが、時間も体力にも限界はあります・・・

だから、本当に必要なものにだけ、力を注ぐことが大事になってきます。

今はもしかしたら、頭のなかがとっちらかって、

情報処理にいっぱいいっぱいの方も多いかもしれません。

その事で疲れきってしまって、

体や心に不調を抱えている人もいるかもしれません。

しかも神経を司る水星が現実的な土星から圧迫されてますしね…

思いつめてしまうこともありそうです。

ですからここから1ヶ月は、

これまで得た情報を取捨選択する時です。

それだけでなく、

コミュニケーションや情報発信など、

書くこと話すこと

アウトプットをしてみるといいと思います。

土星先生の圧がありますが、

土星先生のおっしゃる耳が痛いこともしっかり聞いとけば、余計なものを取り去って本質の部分だけ残してくれますしね。

つまり取捨選択も手伝ってくれるのです。

ちょっとしんどいこともあるかもしれませんが、

今は潜在意識に沈んでいたものが意識下に昇ってきたり、

心の傷を癒すのにいい時でもあったりして、

自分の前に現れた事柄に関しては、

しっかりいるいらないを決めて

いらないものは勇気を出して捨てちゃったほうがいいと思います。

「ホロスコープの入り口」アセンダントは、

「自分そのもの」です。

「ありのままの自分」です。

ありのままの自分てどんなだろ?

今目の前に現象として現れていることを取捨選択しながら、

より本質の部分に近づいた自分になるために、

これから1ヶ月頑張っていきましょう。

まとめ

ということで、今回の新月は

「取捨選択」

がひとつ大きなキーワードかなと思います。

目指すのは、余計な思い込みや心の傷によって

歪んでしまった自分から、

ありのままの、より本質的な自分になっていくこと。

人との交流や情報集めも、取捨選択にひと役買ってくれそうですし、

自分を発信することで、新たな自分と出会えるかもしれません。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする