ムゾルグスキー『展覧会の絵』に込めた想い…今尚受け継がれる友情の旋律

先日の「題名のない音楽会」で

演目が好きだし演奏したこともあるムゾルグスキーの展覧会の絵だったので

思わず観ちゃいました。

そのなかで、この曲の背景などもしって、さらに曲に対する想いが変わってきたので

今日は組曲『展覧会の絵』について語ってみようと思います。

スポンサーリンク

組曲『展覧会の絵』とは?

展覧会の絵は、ロシアのムゾルグスキー作曲で、

誰もが聴いたことあるのは

『プロムナード』かもしれません。

構成は

第一プロムナード

小人(グノース)

第二プロムナード

古城

第三プロムナード

テュイルリーの庭~遊びの後の子供たちの口げんか

ビドロ(牛車)

第四プロムナード

卵の殻を付けた雛の踊り

サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ

第五プロムナード

リモージュの市場

カタコンベ~ローマ時代の墓

死せる言葉による死者への呼びかけ

鶏の足の上に建つ小屋 – バーバ・ヤガー

キエフの大門

(Wikipediaより引用)

という曲からなっています。

組曲『展覧会の絵』が作られたきっかけ

この、『展覧会の絵』が作られたきっかけというのを

私は知らなかったのですが、

何の展覧会かというと、

親友の遺作展

からインスピレーションを得て、作られたようなんです。

遺作ということですから、親友は亡くなっています。

その親友の死の無念さ残念さも、この曲には入っているのだそうです。

その親友とは、画家で建築家のハルトマンということですが、

モチーフとなったハルトマンの絵はWikipediaにも掲載されています。

 親友ハルトマンへの想いがこもった曲

カタコンベ~ローマ時代の墓

死せる言葉による死者への呼びかけ

鶏の足の上に建つ小屋 – バーバ・ヤガー

キエフの大門

この4曲は、親友ハルトマンへの想いを込めて書かれているとされています。

確かに、ここから曲調が変わります。

私もこの4曲はもともと『展覧会の絵』の中でも好きな曲だったのですが

特に想いが込められているからかもしれませんね。

特に「死せる言葉による死者への呼びかけ」なんて、

「まるでレクイエム」と番組内でも紹介されていましたが、

ほんとそうだなあと思います。

金管楽器が悲しみを表現しているとありましたが、

「なんで死んでしまったんだ…」という

作者の咆哮のように聞こえる旋律です。

そしてそのあと、長調に転調して

親友を天国に見送った様を表しているようです。

とても美しく儚い旋律です。

からの、「鶏の足の上に建つ小屋 – バーバ・ヤガー」の出だし。

急にドキッとする目の覚めるような音で始まります。

この曲は「怒り」を表しているようです。

親友への「なんで死んでしまったんだ」という怒り。

自身への「自分は何をしているんだ」という怒り。

なにかショックなことがあると、

まず悲しみが来ますよね。

そして、少し元気が戻ると今度は怒りがわいてきませんか?

そんなところにもすごく共感しながら聴いていました。

そして旋律は盛り上がっていき、

いよいよフィナーレの「キエフの大門」へ。

この曲は、やはり親友ハルトマンの「キエフの大門」の絵をモチーフに

しているのだそうですが、

このキエフの大門てロシア人にとっては誇りそのもの。

それが当時壊れていて、修復するのにデザインを募集していたそうです。

それにハルトマンも応募したが、それは叶わなかったそうです。

そんなハルトマンの夢が詰まったキエフの大門の絵。

それをムゾルグスキーは曲で表現しようとしたのだそうです…!

書いていてうるうるしてきちゃいました。

素敵な友情ですよね。

そんなムゾルグスキーの強い想いが込められた作品だから、

今なおあちこちで演奏され、親しまれているのでしょうね~。

ちなみに、そんな『展覧会の絵』は様々に編曲もされているようですが、

これはすごいというのをご紹介しますね。

サクソフォーン奏者の須川展也さんが、この長い組曲を

サクソフォーンの種類を変えながら一人で演奏されています。

すごすぎます!!

楽器の切り替えも、演奏テクニックもすごすぎでびびります!

なかでも「古城」は秀逸です!!

音が美しすぎます~!!!

これがテナーサックスの音なんですか!?です。

実はこれ、生で聴いたことあるのですが、鳥肌立ってゾワゾワしまくりでしたよ~!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CD/須川展也/エキシビジョン・オブ・サクソフォン
価格:4937円(税込、送料無料) (2018/5/20時点)

まとめ

そんなわけで、組曲『展覧会の絵』について語ってみました。

やっぱり、想いを込めたものって

その背景とか知らなくても心に届くのだなあと思いました。

私も何も知らずに最後の4曲は特別な印象を受けましたし

好きでしたから。

そんなムゾルグスキーの想いがこもった『展覧会の絵』

ぜひゆっくり聴いてみてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする