育児家事に疲れた私が本当に必要だったのは自分を○○せる時間だった!

ドタバタのGWが終わりました!

ママのみなさんお疲れ様です!!

今日から子どもは保育園や幼稚園、旦那さんはお仕事、な方も多いのではないでしょうか。

我が家のGWはというと、

両実家にそれぞれお泊まりし、

その合間に子どもは幼稚園にいき、

あとの日はお泊まりでストレス溜めたであろう子どものために、

公園で目一杯動いてもらいました。

その間にもまぁ~いろいろと子どもですからハプニングが起こるわけです。

毎日ドタバタで、疲れもたまってました。

GW明けの今日、ドバーっと疲れが出てきましたよ。

スポンサーリンク

きっかけは下の子の黄昏泣き

そもそも疲れてだる~い今日でしたが、

上の子を幼稚園に送り出してから、

やりたかった用事を済ませてました。

えぇっと税金払いが多い時期ですよね、はい。

買い物も済ませて帰宅してからはちょっとのんびりして、

幼稚園を終えた子どもをお迎え。

幼稚園で給食食べてきてるはずなのに、

帰ったらまず「お腹すいた~」という子ども。

ちゃんと給食食べてるの?と思うのですが、

今日もまんぷくシール貼ったそうです…(完食すると貼るらしい)

確かに他の子より背が高い我が子…

人よりエネルギー必要なんですかね。

フルーチェ作って食べさせて、まだ足りないとか言ってきたので

何食べさせようか考えてた時でした…

突然下の子が大泣き。

泣きながらウンチしていたので、お腹がいたかったのかな…?

便秘はなく、他に気になる症状もなく、

あやしながら、上の子におやつあげながら、観察。

でも2回ウンチした以外は何もかわりなかったんですよね…

(2回ウンチも変わったことでもないんだけど)

でもそこから2時間以上、ギャーギャー(子どもの泣き声)わちゃわちゃ(私が慌てる音)してたんです…

その合間に、ご飯もなんとか作って…

(今日はかなり手抜き)

下の子は眠いのもあったのかな?

少しうとうと→起きる→少しうとうと→起きるを繰り返してたら夕飯頃には落ち着きました。

そこからですよね~

下の子に泣かれながら、合間に上の子に

「お腹すいた~」だの

「ウンチ~」だの(しかもこちらも2回)

あれこれやりつつ必死に作ったご飯を…

二人とも食べない

んですよね…

下の子もだが、上の子も見た目だけで

食べてくれません…

目新しいものはなかなか口にしなくて…

まだまだ下の子だけでなく上の子もご飯を食べさせることも多い我が家です…

まぁ、幼稚園では頑張ってるだろうし、

小学校ならまだしも、幼稚園が最後の甘やかされポイントなのではと思い、

何かをできるようにすることよりも甘えたいなら甘えさせる!という風に接しています…

もちろん下の子に意地悪したりしたらしかりますけど。

でも、この2人分食べさせるのも結構大変です。

2人共食べさせても食べてくれず…

なのにお腹すいた~と二人とも大騒ぎです。

こっからくわ~!!

となりますね…

なぜだぁぁぁ!!!

なぜ食べん!!!!!

も~報われない気持ちで一杯ですよ。

時々そんな日がありますよ。

そういえば自分を喜ばすことできてませんでした

GWって、お泊まりしても子どもが普段と違うことになかなか寝なかったり、お風呂も嫌がるし、

子ども見つつもお手伝いもやらねば~と気を張ったり(義実家)

私が話しないとみんな静か~!だから何か話さなきゃ~(実家)

それぞれ気を遣うし、

あっという間。

家にいても、夫が時間を無駄にしたくない人なので

休みのうちにやりたいこと入れたり、

それ以外は子ども優先で進むので、

やっぱり自分の時間はほぼありません。

夜中に起きて、ブログ更新してましたけど、

疲れもあって毎日いっぱいいっぱいでしたし…

ブログも楽しい時はほんとに楽しいです。

でも時にはしんどい~なときもありますよね。

気がつくと自分をないがしろにしてしまっているのですよね。

もちろん子ども優先でいくのは当然だし、それでいいんですけど、

心がしんどいときは休ませて!と思います。

ブログの先輩である昭和のおせっかいオカンさんの「幸せになる7つの法則」は、

ママならば、すごく共感しますし

大きな気付きをもらえるのではないでしょうか。

私もこんな「もう疲れちゃったよ~(T-T)」なときには

「そうだ!自分を喜ばせてあげないと!!」

と気がつきます 笑

私もこの法則に習って

疲れを癒すべく

何をするか考えてみました。

1.当たり前のことに感謝すること

→子どもが元気でいてくれること、私も元気でいられること、夫も元気で一生懸命仕事してくれることに感謝。

ついでに私が子育てに奮闘しながらも「くわ~っ!!」とかやっていても、こうしてブログを通して振り返ることができるのは、ある意味余裕があるからかもしれません。昔はそんな余裕すらなかったから。

ブログという場所があることにも感謝。オカンさんを始めとするブログで出会えた方達にも感謝。

私達家族を支えてくれる両親ズや幼稚園の先生や近所の方たちや…病院の先生や保健師さんにも感謝。…感謝広すぎ?

2.全ての物事を肯定的にとらえる

→子どもが思うように動いてくれないのは、自主性が出てきているからで、順調に成長している証拠。

私も疲れるのは当然。それなりに頑張って生きてるから。疲れたときは癒せばいい。

3.2ができない時は、悩み続けるのをやめて「ありがとう、愛しています」を心で唱える

→いったん思考ストップで「ありがとう、愛してます」…胃のあたりのモヤモヤが軽くなります。気持ちも少しスッキリしてきます。

4.心が喜ぶこと、好きなことをやる

→のんびり一人だけでお風呂に入ること…アロマやフラワーエッセンスも使って、シャンプーだってコンディショナーと別のやつ使ってやる!(いつもはリンスインシャンプー 涙)

あとはのんびり寝たいな。そして朝日で自然に目が覚めたいな。

5.やりたくないことをやらない(出来ない場合は極力やらない選択)

→やりたくないことは…忙しいときのご飯作りかな…でも栄養のこと考えてないのはちょっと罪悪感だから、あとで野菜たっぷりスープでも作って冷凍しとくかな。

6.相手を想う気持ちでブログを書く(私はあなたに何ができるだろう?という気持ちで。)

→これは出来てるかな…?まだまだうまくはいかないけど、心がけるかことは忘れないようにしよう

7.思った感情を伝える、傷ついた感情もそのままにしない

→「ママも疲れた!!だからそれは自分でやって!」と言葉の通じる上の子には言えるけど、

下の子は言葉が通じない上、まだいろいろできない上、いろいろやらかすので目が離せないことに私は疲れているんだと気づきました…

それを休みの日に夫に話してみようかな…

ブログに書いていることも「感情を伝える」ことですよね。

まとめ

そんなわけで、疲れたときは、

そのままにしないで、

こんな風に振り返ってみることにしています。

結構楽になりますし、じゃあどうすればいいかの気づきもたくさん出てきます。

普段子育てに家事に追われるママさんほど、自分を大切にすること、自分のために時間を作ること、思い出してほしいと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。