5/15 牡牛座新月の意味~自分の与えられた才能と内省でより大きな豊かさの共有へ

今の季節は

田んぼに苗が植えられて、

それまでなにもない畑のようだった田んぼが

たっぷりの水に満たされて

太陽の光を反射してキレイです。

また爽やかな風が吹いてくると、

田んぼに風の通る跡が見えて、

風が可視化されたようで面白いです。

そんな田園風景に癒される今日この頃です。

スポンサーリンク

5/15 牡牛座新月の意味とは

5/15 牡牛座で新月が起こります。

この次の日、火星が水瓶座、天王星が牡牛座に移動します。

これは今年の天体イベントの目玉のひとつともいえる、とても大きな動きです。

というのも、火星は約2年で12サインを1周しますが、

天王星は約84年で12サインを回るからです。

2011年から牡羊座にいた天王星が7年ぶりに牡牛座にサインを移動するのは、

ひとつの時代の変わり目でもあります。

その前日の牡牛座での新月です。

牡牛座新月と蠍座の木星が向かい合っています。

どちらもお金に関するサイン。

さらに山羊座の冥王星と火星が

2つの天体の仲を取り持つように存在します。

牡牛座天王星は、

牡牛座的なこと

お金や自分のうまれもった才能、センスや身体能力などが

革新的に変わる

ということで、

「収入の得方が変わる」

なんて言われていますよね。

そのスタートを切るように起こるこの牡牛座新月は、

自己表現、楽しみ、喜びの場所にあります。

自分の好きなこと、楽しいと思えることをどんどん表現していくと、

それが拡大して収入につながっていくような、そんな配置にも思えます。

牡牛座は「豊かさ」を求めるサイン。

この新月は、4/20に太陽が牡牛座入りしてからコツコツと積み上げてきた、「豊かさ」を手にいれた、

牡牛座のエネルギーが最高潮ともいえる場所で起こります。

「豊かさ」を手に入れたら、人ってどうすると思いますか?

「豊かさ」って経済力だけじゃありません。

心の豊かさもあります。

それらを手に入れた牡牛座は、

それを社会や誰かのために還元したり、

誰かと協力しあって、

ひとりではなし得なかった、もっと大きな豊かさを手にいれようとするのです。

自分が満たされたら、周りに循環させる。

社会も豊かになって、その恩恵は社会に生きる自分にも届く。

そんな豊かさの循環で、牡牛座はますます満たされ、安心できるのです。

一方新月の相向かいの蠍座の木星は、逆行しています。

逆行とは、学校の授業で教わったことを、帰ってから復習するように、

理解不足なところはないか、

見落としはないか、

確認しているようなものです。

蠍座は破壊と再生を繰り返して、本当の強さを手にいれるサインですが、

そのために必要なのは内省。

ひたすら自分と向き合って、自分の弱さと闘っていくのです。

その蠍座の流れを、反芻するかのように逆行している木星は、

「答えは自分の中にある」

と教えてくれているのかもしれません。

まとめ

というわけで、

今回の牡牛座新月は、

自分のギフトともいうべき才能や能力を

外に向かって表現していくこと

その才能って何?と思うなら、

自分の心の奥深くまでそれを探しに出かけてみること。

瞑想なんてぴったりです。

もしくは、友達や志を同じくする仲間の影響で、自分というものを再確認できるかもしれません。

そんなことを心がけてみると、

新たな豊かさの道が開けてくるかもしれません。

ただ、なんというか、

現在の天体配置って結構激しいのです。

変化は突発的で思いもよらないものかもしれません。

きちんと気をつけるところは気をつけて、

むしろ新しい世界にどんどん飛び込む。

ガンガン行動を起こしてみることで、

新たな自分に生まれ変わることができそうです。

変わりたいと思っている人、

現状が不満な人、

チャンスです!

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。