結婚後失敗しても夫に頼っていた私が本当に失敗していたのは自立することでした

最近、私のミスや選択が間違っていた、が立て続けに発覚してへこんでました。

いくら私がダメダメでも、ここまでいろいろ重なることはあまりなくて、

自己嫌悪と同時にほんのすこしの違和感を持っていました。

その、わずかな違和感の意味がやっとわかりました。

今回はその事について書いてみます。

スポンサーリンク

どんなことをやらかしていたのか?

まず、私がどんなことをやらかしたか、ですよね。

車を擦った

PC壊した(多分私の使いすぎ…)

私が選んだ業者が大ハズレだった(完全に私の人の見る目のなさが原因!)

私が選んだ家具が設置できなかった(これは結構難しい場所に設置するんだったので仕方ないことも多少あると思うんですが…)

大きなところではこんなことで、

細かいところでは、毎日なにかと夫にあれこれ言われております…

8年も一緒に暮らしてきて、前はここまでいろいろ言われなかったのにな。

でも別に、これらのことをやらかしても、特に私を責めることはありません。

淡々と「~だよ」ってその状態を教えてくれるだけです。

でも私としては「あぁ~やっちゃった~」と、自己嫌悪だし、夫にも悪いなぁと思うのです。

ただ、夫としては、「これ以上なにもしないで」くらいのことは思っていたように思います。

「私が何かするといつも失敗するから、私はなにもしない方がいいね」という言葉にも、否定はしなかったから。

だから私も、自分に自信をなくして、なにかを決断するのが怖くもなっていました。

自己嫌悪と微かな違和感

「私は余計なことをせず、重要なことは夫に任せて静かに暮らした方がいいのかも…」

そう思いながらも、どこかで

「なにかモヤモヤするな~」と思っていたんです。

そのモヤモヤの正体がわかりました!

それは自立していないから

だって、経済的に自立していれば、

やらかしても私自身で責任とれます。

だから、「失敗したなぁ」と思っても

自分で責任取ったら、それで済む話なんです。

まぁ~もちろん、やらかさないほうがいいですが…。

それも自分で責任取れば、「次はやらないように気を付けよう」となりますよね。

でも、自分で責任取れなかったりするからおかしくなってくるのです。

夫の稼いだお金で車を修理、とか。

現実そうだから、夫の意向に逆らえなくて、私は罪悪感もあって言いたいことが言えなくなってきてるんだな~と思いました。

それに経済的自立だけでなく、

精神的にも自立出来てません。

だから夫を頼ってしまうし、夫の考えに振り回されてしまうのですよね~。

「7つの習慣」の第1の習慣「主体的に生きる」は意識して、

そうしていたら、超バリバリ主体的なママ友が出来たりして、

少しずつ行動は変わってきています。

でも、こうして失敗してしまうと

まだ「やっぱり自分は信用できない」と前の思考に戻ってしまうこともあるのです。

でも、失敗してもいいんです。

それが自分のレベルなのだから。

そこから改善して失敗しないようにしていけばいいんです。

あと自分が苦手なことはやってもらってもいいけど、

なんでも任せちゃうのはダメですよね。

でも、そこにお金が絡んでくると、なんかおかしくなっちゃうんです。

「お金を出してもらってるのだから、言う通りにしなきゃ」

そうなっちゃうのですよね。

女性って、本当に妊娠・出産で、育児も続くわけですから

経済的自立って難しい。

でもそれが、自分の立場を縛るものだったら、

悲しいし、苦しいですよね。

これは兼業主婦さんにも言えることで、働いていても、自分が収入が低かったりすると、やっぱり旦那さんに言いたいように言えないことがあるでしょうね。

そういうモヤモヤを抱えている女性もたっくさんいるのだろうな~と思います。

 まとめ

うちの夫は、

「俺が稼いでるんだから」みたいなことは全然思ってないと思います。

むしろ「節約させてごめんね」くらいのことを思ってます、多分。

だけど、私だって夫の役に立ちたいのです。

私も稼いで、それで生活が豊かになったらうれしいし、

お金の面で気が引けてるところも

気にしないで済むようになりたい。

まさか自分がこんな風に思うとは考えなかったんだけど、

今の状況から変わりたいな、そう思うようになりました。

今回の失敗続きも、このことに気付くために起きたのか?なんて、超ポジティブ思考になっています。

変わるには、毎日コツコツ行動あるのみ!

これからも頑張ります。

この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめです

    None Found

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする